2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 「性格は捨てられる」心屋仁之助 | トップページ | 「天使は歩いてやってくる」犬飼ターボ »

「できそこないの男たち」福岡伸一

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891) で有名な福岡伸一さんの新刊です。

「生物と無生物のあいだ」は半分くらいまで読んで、そのままになってます
とっても面白いんですけど、またあとで読もう読もうと思っているうちに新刊が出てしまった。

勝間和代さんのBook Loversにも福岡さんがゲスト出演されていたので、「できそこないの~」を先に読みました。

ビジネス書ではないんですけどね・・・面白かったです。

エッセイのような、ノンフィクション小説のような、文学的な文章で、迫力のある研究者の様子が書かれています。もちろん、科学的な説明部分もしっかりと。

最終的な結論としては、生物の基本はメスで、オスはメスから作られた便利な遺伝子の使い走りでしかない、ということらしいです。
それは前々からなんとなく言われてましたけどね。ここまで断言されると男性の方はへこむでしょうか?

このことを説明する象徴的な生物として「アリマキ」という虫が登場するんですけど。
このアリマキのメス、すごいです。この説明部分だけでも読む価値あるかと。こんな虫がいるんですね~~~。びっくりです。高校の生物の実験でプラナリアを切断したとき以来の衝撃です。・・・と思って検索してみたら、アリマキってアブラムシのことらしいっす!すご!身近!

まぁ、遺伝子的な結論がメスが上だからといって、現在の人間の社会では男女、どっちが上ってこともないのではないか、と思うんですけどね。それぞれの家庭で違うのかと(笑)

ただ、やっぱり現実の社会では男尊女卑とかありますけどね。。。
昔っから不思議なこの考え方。女性は不浄のもの、とか。
そのようなことを言う方たちもその中から出てきたのに、不浄だなんて言えちゃうのがほんと不思議だなぁとは思います。
でも、最近の世の中は女尊男卑だ、なんていう人もいるらしく・・・。(女性専用列車や、レディースデーなどで)
この本って女尊男卑なのかな(笑)

Book Loversご出演時によれば、福岡さんの一番言いたかったことは、

威張るな、男よ!

だそうです。(笑)

でもこの本、こんなタイトルで男性は手に取りますかね?

単純に科学的読み物としても、大変に面白いのですが。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

« 「性格は捨てられる」心屋仁之助 | トップページ | 「天使は歩いてやってくる」犬飼ターボ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

その他の本」カテゴリの記事

コメント

〈科学〉女性の努力が報われないワケ〈発見〉

「女性には天才がほとんどいない!」と思うことは誰でもありますよね。
実は、最新の脳科学的には女性はあまり賢くなれないことが明らかになりました!
脳は、大脳皮質の神経細胞(ニューロン)を増やして高等な働きをするために、シワで表面積を増やしたり、体積を増やしたりするんです!
体積は男性の方が大きいのですが、表面積は女性も頑張って男性と同じくらいになっています!
では、大脳皮質ニューロン増大競争の勝者は?
男性230億個!女性190億個!
男性の勝ちです!女は男にボロ負け!女性は思考を司る部分が男性の80%くらいしか発達していませんでした、、、
しかし、女性に嬉しいニュースもあります!脳の量は男性に負けますが、質は最初からそこそこ良いんです!だから、女性に極端な大バカ者はあまりいないんです。「犯罪者は男ばかりだな」と思うのも正しいんです!
ただ、量が少なくて質がそこそこ良いというのは、「努力しても伸びしろが少ない」ということでもあるんです。
アメリカの大農場は粗放的ですが、労働を増やすほど収穫を増やせますよね!日本の農場は小さくて、最初から効率はそこそこいいんですが、収穫増大は限界があります。男性は大農園、女性は小農園と言えます。
そもそも脳の能力は、ニューロンを結ぶシナプスをどれだけ増やしていけるかにかかっているんです!女性はニューロンが少なく、あまり増やしていけないんですね。
男性は量が多い代わりに、勉強してシナプスを増やして質を高める必要があります!そうして行くことで、上限が低い生き物である女性が頑張っても及ばないような大天才になれるんです!
そういえば、高IQ集団メンサ会員やノーベル賞受賞者、偉大な学者、聖人など、賢者は男性だらけですね。
東大の女性優遇措置や欧米の大学の女性枠などからわかる文化的、環境的な女性優遇、男性差別のおかげも有って平均レベルではどっこいどっこいですが、女性は大して賢くなれず、男性は天才になれることが分かりました!
ちなみに、男性の脳は休憩中は休んでいますが、女性の脳は何も考えていない休憩中でも90%が無駄に活動しており、エネルギーがゴリゴリ減っていくんです!男性の方が「エコ脳」なんですね(笑)女性は男性以上の睡眠をとらなければなりません。
さらに、専門医の佐藤明男先生によると「AGAは男性ホルモンの作用が増強されている方に比較的多く見られます。男性ホルモンは知能の発達や身体・骨格の発達に関係していますから、わりと知能の高い方が多いです。“若ハゲ”には頭のよい人が多いですね」とのこと。男性ホルモンは知能を高めるんですね!
そういえば90%以上の国々で男性の方が知能指数が3〜5ポイント高いし、今のトップはエヴァンゲロス・カツイオウリス(IQ258)という男性だ、、、
とはいえ、ギネス記録にIQの枠は消えてしまったそうです。メンサのランキングなどから1位が分かりますがね!
また、精神を安定させて頭を冴えさせるセロトニンが女性は男性の52%も少なく、月経周期でホルモンバランスが崩れ続け、コルチゾールを減らす働きも弱く、そもそも男性より8倍もストレスを感じやすいため、女性はストレスに弱くなります!
うつ病、PTSD、パニック障害、不安障害、恐怖症、ヒステリー症候群など、ストレス性の精神病は女性の方がずっと多いんです。自殺率だけは低いんですが、自殺未遂や自殺演技が多く、行動に移せないのも女性の弱さなんです。自殺は止めましょうね!
また、女性は喫煙率など生活習慣が良く、危険な仕事もしないため、平均寿命は長いんですが、近年は生活習慣が悪化してきており、男性の生活習慣が改善されてきているため、最近のイギリスの研究では将来男女の寿命が逆転する可能性が言及されています!
脳の話に戻りますと、大脳が少ない代わりに感情を司る間脳が優位な女性は、考え事にどうしても独断的な感情が入ってしまい、客観的な真実に辿り着けないんです!
こうして、体格、攻撃力、防御力、素早さ、スタミナなどの身体能力はもちろん、精神力でも男性に敵わない女性は、努力が報われないようになってしまったんです!
女性にとってはトホホな結果に終わってしまいました、、、
努力すればするほど大賢者になれる男性方は、ぜひ粛々と勉強や運動に励んでください!
夏目漱石のような文章力、カントのような緻密な思想、ダヴィンチのような芸術的才能、フェルマーのような数学力、アインシュタインのような物理的思考力、ソクラテスのような哲学的思考力、エジソンのような創造力、ブッダやキリストのような高尚な精神を身につけましょう!
女性は努力してもしなくても平均付近であまり変わりませんので、好きにしたらいいんでしょうね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「できそこないの男たち」福岡伸一:

» 【クローズアップ】キャロル・キング [テレビドラマ・CMで気になる音楽]
今回は最近気になっている各ジャンルのアイテムを、オムニバス形式でお届けします。 [続きを読む]

» 男と女の成り立ちを探る福岡伸一著『できそのないの男たち』を読む [栄枯盛衰・前途洋洋]
昨年、『生物と無生物のあいだ』でサントリー学芸賞を受賞した福岡先生の新著が出たと新聞で知った私は、すぐさま書店で買い求めた。前著『生物と無生物のあいだ』が、生物とは、生きているとはどういうことかについて、分子生物学の歴史や、その中での研究者たちの生き様も交えて興味深く語った作品だったのに対して、光文社新書の2008年10月の新刊として出された本書『できそのないの男たち』は、生物学の立場で見たときの... [続きを読む]

« 「性格は捨てられる」心屋仁之助 | トップページ | 「天使は歩いてやってくる」犬飼ターボ »