2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「GO」金城一紀 | トップページ | 「レヴォリューション№3」金城一紀 »

「対話篇」金城一紀

3つの物語からなる短編集です。

特にお気に入りは3つ目の「花」。大沢たかおさん主演で映画化されています。
1つ目の「恋愛小説」は玉木宏さん主演の映画化。
両方とも見てませんがcoldsweats02
金城さんの作品は映像化、多いですね。

1.恋愛小説
呪われた運命をもった青年の告白。
とても悲しいです。こんな運命を持って生まれてきたら、どうしよう。
今の自分のシアワセをかみしめちゃいます。

2.永遠の円環
この話は金城さんのこれ以後の作品、「SPEED (The zombies series) 」とリンクしています。というか、よく読むと3話全部リンクしてますがこれが一番強い。
「SPEED」を読んだとき、おおっと思いました。
あこがれてた女性が自殺してしまい、その原因を作った不倫相手を殺そうとする主人公。
でも、主人公にはそれができない事情がありました。
この話も結末はハッピー・エンドとはいえないんですが・・・。でも読後は悪くないです。

3.花
会社を辞めた主人公が奇妙なアルバイトに雇われます。
東京から鹿児島まで車で運転をしたいという老弁護士の付き添いです。高速道路は使いません。この旅の目的は不明・・・。
主人公はその道中で老弁護士の過去を聞きだします。そして、旅の目的とは。
たどりついた先の奇跡に、最後は泣かされます。cryingcrying

これらの3つの話の共通点は、「病気と身近な死」でしょうか。
でも、あまり暗くはない・・・かな?

やっぱり3つ目の「花」が一番感動しました。これは忘れられません。
すばらしい物語です。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

« 「GO」金城一紀 | トップページ | 「レヴォリューション№3」金城一紀 »

小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

泣ける本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514826/43063167

この記事へのトラックバック一覧です: 「対話篇」金城一紀:

« 「GO」金城一紀 | トップページ | 「レヴォリューション№3」金城一紀 »