2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

「マインドマップ超入門」トニー・ブザン

以前から気になっていたマインドマップ。

神田昌典さん訳の関連本は中々厚みがあり、お値段も高く、それを買うほど私の中で優先順位は高くない、という程度の興味だったのですが。。。(マインドマップの絵自体があまり好きではない感じだったというのもあります。)

知り合いに勧められて購入したディスカバー社の本書。お値段も手ごろで、厚みも無く、初心者入門編としては最適でした!

早速、本のマニュアルに沿って何個かテーマを決めてマインドマップを描いてみたんですけどね

これが、すっごく楽しい!

のです。

脳が考えたとおりに描いていく手法というマインドマップ。
確かにやってみるとそうでした。

脳がどんどん考え出した言葉やイメージをそのまま紙に書いていくと、なんだかますます思考が広がっていく感じがして、とても楽しいです。脳が鍛えられる感じですね~。

会議の議事録や、講演会・セミナーのメモ、自分の目標設定や、スケジュール管理、飲み会の企画(笑)などにも使えますよ~。

これは、いいかも!
(教えてくれたAさん、ありがとうございます~)

※余談ですが、本を買ったとたん、買わなくちゃと思ってた12色入りカラーサインペンをなぜか職場の研修でタダでもらいました!描け!ってことだと思いました(笑)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「会社のルール」パット・ハイム、スーザン・K・ゴラント

先日ご紹介した、ビジネス・ゲーム―誰も教えてくれなかった女性の働き方 (光文社知恵の森文庫) に着想を得た(と思われる)、女性の会社での働き方についての本です。

私には、こちらの「会社のルール」のほうが、より腑に落ちる感じがしました。

男女差についての本は、ジョン・グレイ博士の本などで読んではいましたが、それはプライベートでの話でした。それもへぇーと思っていましたが、会社内での働き方についても、ま~差がありますね~。

読んでいて、なぜ男性が上司に逆らわないのか納得しました。(一部の例外さんはいますけれども)
そしてなぜ自分が上司に逆らうのかも。。。

男性は、正しさよりも勝ち負け、女性は勝ち負けよりも正しさを優先させる。というあたり、とても良くわかりました。

各章のはじめに男女の差が”野球ルール”と”ままごとルール”に分かれている表があるのですが、これを読むだけでも、そうか、そうだったんだ~と今までの男性・女性の行動の差に納得がいくのです。これは会社で働くうえで、知っておいたほうがいいですよ~。
出世したいならなおさらです。

そして、その上で会社で成功するにはやはり男性のように行動しなければならず・・・。
正義感の強い女性にとっては”そこまでしなくても”と思ってしまいそうです。

で、思ったのはですね。

こういうおままごとのルールで動く女性が世の中の大部分のリーダーとして活躍すれば、すごくいい世界になるよなー

ということです。戦争とかたぶんなくなりますよ~。女性は競争や勝負を嫌がりますし。

野球ルールじゃなく、ままごとルールがデフォルトになればいいのにな~。
女性が男性のルールに合わせるのではなく、男性が女性のルールに合わせればいいのにな~。

(あ、別に女尊男卑とかではないですよ。単純に、ままごとルールのほうがやっぱり生きていくうえで、気持ちが良いのです。)

やっぱりトップを目指そうか?(笑)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「さようなら!あがり症」麻生けんたろう

この本、ひすいさんのメルマガで紹介されていたので、以前から気にはなっていたんです。

なにしろ、やっぱり私もあがり症ですから・・・。
学生時代、授業で当てられるだけで真っ赤になって汗びっしょり、みたいな。(今思えば、自分を良く見せたい、という気持ちからですね)

でも、社会人になって、”わかりやすく伝えたい!”ということに集中するようになると前ほどはあがらなくなってはいたものの、やはり完全にはなくなりません。。。

ちょっと前まで、この本が想定しているような場面、講演会や結婚式の司会、面接、セミナー講師、などなどには自分は関係がなかったので、この本を立ち読みはするもののcoldsweats01なかなか購入までは至らなかったのですが、ちょうどもしかしたら今後ちょっと必要かも、、、ということになり、そのときちょうどひすいこたろうさんの大好きな10冊の中に入っていたので、購入しました。これも一種のシンクロ?

内容については、あがりを克服するためのいろいろな技術があり、とても参考になります。

特に私は、話す直前に頭が真っ白になり言葉が出てこない、という経験が何回かあるので、そんなときの対処法などが書かれているのが良かったです。

NLPや自己啓発の手法も載っていて、心理学の側面からも解説があるので、中々面白かったです。
またあがり症克服だけでなく、しゃべり方、伝え方についても書かれているので、あがらずにうまく話したい、という方にはおススメです。

一番印象に残ったのは、最初のほう。「共鳴力」という言葉です。話すことで、相手1人の後ろにいる300人と共鳴することになる、という話。使わなきゃもったいない!だそうです!

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ひすいこたろうさんの大好きな10冊

おととい、ひすいこたろうさんのイベントに行った際、ひすいさんの大好きな本が10冊置いてありました。

それを勝手にご紹介(笑)

ちなみに、私が読んだことあるのは1つのみでした~。(スラムダンクです 笑)
ほかは、買って読みたいと思います。在庫なし(絶版?)のものもあるようなので、古本屋めぐりですね~。

スラムダンク 完全版 全24巻セット
集英社
発売日:2002-04-25
バガボンド画集 墨
講談社
発売日:2006-10-23
竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
文藝春秋
発売日:1998-09
世に棲む日日〈1〉 (文春文庫)
文藝春秋
発売日:2003-03
星の王子さま (新潮文庫)
新潮社
発売日:2006-03
grateful days/dragon ash
ロッキングオン
発売日:1999-12
なぜ通販で買うのですか (集英社新書)
さようなら!「あがり症」―10人から100人の前でラクに話せる (DO BOOKS)
ゲーテの言葉 (人生の知恵)
彌生書房
発売日:1997-04

幸せの宇宙構造(小林正観さん著 ※これはアマゾンや普通書店では購入できません)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「3秒でハッピーになる名言セラピー」ひすいこたろう

さて、とうとう登場させてしまいました。本家本元、名言セラピー。

名言セラピーと出会ったのは1年とちょっと前。私のこれまでの人生で一番きつかった時期です。

仕事やプライベートで色々あって、死にたい、とまではいきませんが、この世の中からいなくなりたい、消えてしまいたいthinkと思うことが多くなり、たぶんうつ病の一歩手前まで行きました。信号待ちの交差点で自分に向かってトラックつっこんでこないかな、なんて思ってました(汗)

このままではいかん!うつ病なんてなってたまるか!(すいませんbearing)と思えた私は、心療内科のカウンセリングでも行くかなー、でもまだうつ病までじゃないなー、予約もいっぱいだーと思いつつ、そうだ!とりあえず治療本でも読もう!と思い、それ系の本を探しに本屋へ通っていました。

でもうつ病患者さん向けはちょっと自分には合わず、う~~~む~~~やっぱりカウンセリング?でもなぁ。。。と思っていたときにふと古本屋さんで手にした名言セラピー。

3秒でハッピー?ほんとかなぁ?なんて立ち読みして目次をぱらぱらめくっていたら、これだ!と思うテーマがありました。

そこで私を変えてくれた運命の言葉と出会いました。

それがこちら↓

続きを読む "「3秒でハッピーになる名言セラピー」ひすいこたろう" »

「開運!パワースポット『神社』へ行こう」一条真也 監修

最近、流行のパワースポット、神社についての雑学本です。

私もここ1年くらい、以前よりもずっと神社に行くようになったのですが、中々神社について調べたりはしなかった(参拝の仕方くらいは調べましたがcoldsweats01)うえ、まったく神社について知らないことだらけだったので、この本は文庫で軽く読めてちょうどよさそうなので買ってみました。

知らなかったことが満載でした。

鳥居や狛犬の意味や、神様の種類、神職のなりかたなど。。。ちょっと説明不足の点もありますが、疑問の入り口の本としてはこのくらいの程度でよいかと。もっとつっこんで知りたい場合はまた本がたくさん出てますしね。

へぇーと思った知識は、

・神社でのお葬式について
・お盆は実は神社が発祥だった
・神主さんがお祓いするときに言っている言葉について(もちろん、お経じゃないですよ)

などなど。。。日本古来の神様の懐の深さがよくわかりました。神道は昔は宗教じゃなかったというのも驚きです。たしかに布教活動とかはあまりしてないそうで。。。氏子とかどうやってなるんだろう?

後半は、各地のパワースポット神社について1ページづつ説明があり、近くの神社も探せます。

あー、お伊勢参りに行ってみたいなぁ~(伊勢神宮が神社の中一番でえらい、というのも最近知った次第です・・・)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「仕事のヒント」神田昌典

神田昌典さんの名言集とでもいうべき書。

一言につき、1ページ費やされており、解説が載っています。

どれも本当に素晴らしい言葉ばかりです。

神田さんなので、やはり起業家・経営者向けで特に営業のヒントが多いです。

徹底した顧客主義。お客さまの目線に立った営業を行うことが売り上げにつながる。。。
あたりまえのことなんですが、人は仕事に関して、疲れていたりするとちょっと手を抜いてしまいますから、そんなときにペラペラめくって読み返すと良いかもしれません。

本のなかからちょっとご紹介。

今の時代にぴったりな一言。

『自分の貧しさではなく自分の豊かさを正当化しよう』

不況だから、、、というのを言い訳に、努力することをあきらめて自分の貧乏を正当化しようとしていませんか?

もうひとつ。

『初対面の人との共感を得るためには、言葉にださなくても、「あなたが生まれてきてくれて嬉しい」と感謝しよう』

人見知りな私は初対面の人と会うときは緊張してしまうのですが、これはすごくいいことですね!やってみたいと思います。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「ビジネス・ゲーム」ベティ・L・ハラガン

勝間和代さんがいたるところでこの本を紹介してました。でも絶版だから手に入らない、といい続けておられたら、とうとう復刊されたという。。。ものすごい影響力ですね!

この本は女性が会社で出世するための本です。それも、たぶん社長を目指すような人向けです。出世したくない人は対象ではありません。

社長を目指す女性ってあんまりいないのではないかと思います。それは、まず見本となるような女性社長・経営者の数が少なすぎるということと、女性の特性として競争は好まない、責任感が強いのでかえって責任が重過ぎる職種は敬遠するということと、そしてこの本に書かれているビジネスルールを知らない、ということがあるのではないかと思います。

男性は、隠してはいるけれどほとんどの人が出世欲があるらしく・・・。でもそれは絶対に表に出してはいけないそうですよ。女性にはわからない、見えないルールですね~。
そういったことをこの本は教えてくれます。男性にしかわからない、暗黙のルールや(出世したい)女性への敵意、などなど。

この本では、仕事をライン職とスタッフ職とに分けており、ライン職につかないと出世はできない、とかかれています。
簡単にいうと、ライン職とは会社の収入・売り上げに関わる部門(営業、生産など)で、スタッフ職とはそれをサポートする、直接売り上げと関係ない部門(人事、総務、経理、広報、調査、、、)だということです。
そして、えてして女性はこのスタッフ職をやりたがる、とのこと。

たしかに・・・とうなってしまいました~。

最初にどちらを選ぶかは自分次第だとは思いますが、実は選ばされているのかも。。。

私は今のところ、出世したいと思ったことはないのですが(したくないというわけでもないです)、それはまだ同期や後輩に先をこされたりした経験がないからかもしれません。
もしも自分の上司に、自分より仕事のできない年下の人が配置されたら、考えが変わるかも。

もっとよく読んでおこーっっと(笑)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「左利きの人々」渡瀬けん

左利きの人による、いかに世の中が右利き用に作られているか告発する(?)本。

はい、私は左利きです。でも気づかれることはあまりありません。

なぜなら、鉛筆とお箸は右に矯正したからです。
自発的に矯正したのです。あまりにも不便(文字の形は右利き用ですよ~!お箸は隣の人とぶつかるのがね~)だったのと、気づかれると必ず指摘されるのが嫌で。(←小さい頃です。今ではむしろ気づかれるとうれしい。変なやつ?)

つまり、両利きです。

真性左利きの人と比べれば、ちょっと暮らしやすいかも。でもやっぱり基本は左なので、ちょっとしたことで色々不便を感じることがあり、なんでこんなに世の中何でもかんでも右利きのためばかり作られているんだろ~と思うこともあります。

でも、たとえば車椅子の人や、聴覚障害者の人からすれば、なんでこんなに世の中何でもかんでも健常者のためばかり作られているんだろう~ということになりますよね~。

モノを作るうえで、少しでもマイノリティのための思いやりをもって作ってもらえるとうれしいなぁ、、、と感じる次第です。ユニバーサルデザインがもっと広がってもらいたいですね。

でも、ちょっと不便だとその分脳が働いて活性化されるようですから、それでもいいかもね。

あ、オバマさんは左利きだそうですよ!(笑)

・・・で、本の中にあった、自分でも今まで気づかなかった右利き用グッズは。。。

○ペン・・・印刷されている文字が左で持つと逆になります。(これは自分が右書きだから気づかないのか)
○ハンコ・・・左では押しづらいので、右でおしてました。そういえば。
○ビデオカメラ・・・持ってないから気づかない(笑)
○にぎり寿司・・・そういえば、ナナメに置いてある!(これもお箸右の私には気づきづらい~)
○ボーリングの玉・・・穴の配置が右利き用。どうりでいつもスコアが悪いわけだ!
○やかん・・・注ぎ口が若干曲がっているんだって!

そして、右利きの人に知って欲しい、実は右利き用グッズは。。。

○カサのとめ具
○パソコン(キーボード配置、マウス)
○料理用のへら(バタービータ)
○包丁(私は両刃のものを選んで買ってます)
○自動改札・料金所
○デジカメ(むか~し、両側にシャッターがついたカメラがあったような・・・)
○ゲーム機のコントローラー
○扇子
etc・・・

本になかったけど、これも~

○ペンダント・ネックレスの金具
○電卓(数字の配置がね。これは携帯電話にもいえます。)
○リモコン(電源ボタンがちょっとだけ押しづらいのですよ)
○財布(意外と不便なんですよ~)
etc・・・

右利きの人に読んで欲しい本です。身近に左利きがいないと読まないだろうな~。でも、1割の人は左利きですよ。意外と多いよ。

※本日現在、アマゾンでは予約受付でまだ販売してないんですね。おととい本屋で買ったばかりです。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「ビジネスマンのための発見力養成講座」小宮一慶

ビジネスマンのための発見力とは!

発見力があると、デキる人になれますね~。

現状の問題を発見したり、顧客ニーズを発見したり、、、。

そんな発見力をどのように養うのか、ということが書かれています。

面白かったのが、セブンイレブンのロゴマークの話です。セブンイレブンのロゴはどのようになっているか思い出せるか?という問いに、う~~~ん、、、どんなんだっけ?と思いましたが。。。

実は『7-ELEVEn』と最後のnだけ小文字なんですね~~~。セブンイレブンの看板、何万回見ても、気づかない人は気づかない。ローソンやファミリーマートでも同じこと。

これを読んで、そうだよなぁ~と思いました。・・・実は私は”n”が小文字なのに気づいていたのです!でも、それ以上つっこみませんでした!だって興味なかったから!(笑)

発見したものをどう活かすか、考えてなければ発見しても意味が無い、という例ですね。。。

で、発見力をどのようにつけるかというと、やはり関心をもってモノを見るクセをつけたり、仮説を持って物事を考えるようにすると、発見力がつくようです。

そういう意味では、好奇心って大事ですね。

しかし、この本、少し薄い。これで1,000円+税かぁ。。。もうちょっと掘り下げてもらって、読み応えがあるといいですね~。あっさりと読んでしまいました。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「『水分の摂りすぎ』はこんなに怖い」石原結實

以前から気になっていた、石原結實さんの本。

私は、小さいころから冷え性なんですよね~。もう、本の中に出てくる『水毒』の症状はわりとあてはまっちゃう、というカンペキ虚症な状態です。

なんとか、この冷え性を治したい・・・と思いつつ、漢方薬は高いしなぁ、、、養命酒はまずいしなぁ、、、運動は苦手だし、、、などど、ワガママを言いつつ今まで来ております。

しかし、水分摂りすぎがいけない、というのは今までの健康・美容常識からは逆なんですよね~。
モデルさんは1日2Lの水を飲むというし、風邪や熱中症予防には水分補給が大事だし、、、。
私も水分は昔はあまり摂らなかったんですが(それでも冷え性)、水分を摂ると健康にも美容にも良い、ということで無理に飲むことにしていた時期もあり、、、。(あまり変化は感じなかったし、続かなかったし、、、)
う~む、どちらが良いのかは今後の自分の体に聞いてみることにしましょう。

この本の中では、健康レシピは基本はショウガで、やっぱりショウガ紅茶がメインですね。でもこのショウガ紅茶、以前飲んだことあるんですけど、私の場合、胃がおかしくなるんですよ。ショウガって胃には良くないのかな?

でも、やっぱり冷えにはよさそうなので、冬の間だけでもまた飲んでみようかなぁ。と。
そして、過剰な水分摂取はひとまずやめておきます。。。(血液ドロドロは。。。この本によれば、大丈夫なのでしょう。たぶん。)

しかし、体の中の高温な臓器(心臓、脾臓、小腸)は、温度が高いからガンにならないのだ、と書いておられますが、別の本で心臓は細胞分裂をすることがないからガンにならないのだ、と読んだのですが、どちらが正しいのでしょうね?(検索してみよう~っと!)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「DREAM 成功者が教える魂の富の作りかた」犬飼ターボ

犬飼ターボさんの「チャンス―成功者がくれた運命の鍵」 の続編です。

前作でプチ成功した主人公がさらなる成功へ向けて進んでいく成功小説です。

前回以上の浮き沈み、中々読み応えがあり、面白かったです。

今回は、不労所得についてとても詳しく解説してあり、参考になりますね。

不労所得って結構憧れがあるのですが、完全なる不労というものはない、とあり、やはりそうだよなぁと納得。投資の際の勉強はしなくてはですしね。

そして、別ビジネスを立ち上げるのですが、かなり怪しいビジネスにああも簡単に深入りしてしまう主人公が恐ろしいですね~。人を信頼して一歩入ってしまうと中々抜け出せなくなる・・・う~ん、怖い。君子、危うきに近寄らずです。

最後はハッピーエンドで良かったです。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「マーフィー100の成功法則」大島淳一

成功本好きなのに、読んだことがなかったマーフィー関連本。

初マーフィーの法則です。が、これってマーフィー博士の本の訳本ではなかったのですね~。(あわて者)

でもでも、とても良かったです。なんといっても私の好きな潜在意識の使い方がテーマ!
しかも、日本人の書いたものですから、日本人向けでよいと思います。

私は、マーフィーの法則って常に前向きに生きなさい!みたいな感じだと思ってたんですが、引寄せの法則や、ナポレオン・ヒルなんかと根本は同じなんですね~。

ただそれが宇宙の法則とか、波動とかいういわゆるスピリチュアルなものではなく、自分の潜在意識を使うものだ、というところがなんか自分には向いているようです。潜在意識もある意味、スピリチュアルですが、、、。
(どちらも同じことだと思いますけどねっ。宇宙の法則も否定しているわけでなく、それはそれでアリだと思います。)

で、おなじみ潜在意識は、やはり寝る前と起きぬけのボーっとした状態のときに働きかけるのがよいらしく、、、。具体的な働きかけ方法が100も載っています。参考になります。

今まで自分ではやっているつもりと思ってましたが、本を読むとまだまだだったと反省しましたよ。
早速、潜在意識に働きかけたいことをメモってベッド脇に貼り付けました!

メモが長いんですけど~~~(笑)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

風邪の治し方(改)

正月早々、風邪をひきました。

ので、読書日記も更新が滞り、すみません。。。

ちょっと良くなってきたので、風邪薬を使わない、私の風邪の治し方について書きたいと思います。読書と関係なくてすみません。(1/6にちょっと記事内容を変更しました~)

巷でよく言われているものとそうそう変わらないんですけどね~。

1.水分を大量に摂る!
  ポカリスエットが最適ですね!無いときは水に塩を入れて、生理食塩水的なものを作ったりしています。大体、1日に1.5~2Lは飲みます。ポカリは粉末タイプを常備。こちらのほうがペットボトルよりお得です。

2.サプリを摂る!
  風邪薬は使いませんが、サプリは使います。ビタミンCとコエンザイムQ10とアミノ酸ですね~。ビタミンCはとにかく大量に摂ります。水溶性ビタミンなので、摂りすぎても大丈夫。アミノ酸は粉末のVAAMを使ってます。VAAMは、風邪のひき始めにも良く利きます!
しかしながら、サプリは摂りすぎると私は胃をやられるので、長期間摂取する場合は、胃薬は必要。。。

3.寝る!
 とにかく寝ます。仕事なんか行っちゃいけません。ほかの人にうつりますから!迷惑がられます。無理は禁物~。

4.アイスノン
 熱が出たり、頭痛がしたら、これですね。枕タイプのものを二つ用意しておいて、ぬるくなったら交換しています。

5.食事
 炭水化物よりはたんぱく質を多めに。あとはやっぱりビタミン類が豊富なものですね~。でも食欲ないときは食べません。

6.潜在意識に働きかける(笑)
 私は健康だ!と寝る前と起きたときに念じます。

こんなとこでしょうか。熱はウィルスや細菌の働きを弱めてくれるそうですから、解熱剤等で無理に下げないほうが良いらしいです。ただ、高熱が続くようだと今度は体がもたないですから、早めに病院に行きましょう。

大体、これで私は1日で熱は収まります。体の免疫力を大事にして、なるべく薬を使わないようにしています!皆様もくれぐれも風邪には気をつけてくださいね!

(予防にウィルスガードのマスクをしていたんですけど、ちょっとだけ人ごみではずしてしまったのが敗因か?もしくは、新年早々、気の進まない仕事があったので、やらないように潜在意識が風邪をひかせてくれたのか、、、(笑))

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »