2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「さようなら!あがり症」麻生けんたろう | トップページ | 「マインドマップ超入門」トニー・ブザン »

「会社のルール」パット・ハイム、スーザン・K・ゴラント

先日ご紹介した、ビジネス・ゲーム―誰も教えてくれなかった女性の働き方 (光文社知恵の森文庫) に着想を得た(と思われる)、女性の会社での働き方についての本です。

私には、こちらの「会社のルール」のほうが、より腑に落ちる感じがしました。

男女差についての本は、ジョン・グレイ博士の本などで読んではいましたが、それはプライベートでの話でした。それもへぇーと思っていましたが、会社内での働き方についても、ま~差がありますね~。

読んでいて、なぜ男性が上司に逆らわないのか納得しました。(一部の例外さんはいますけれども)
そしてなぜ自分が上司に逆らうのかも。。。

男性は、正しさよりも勝ち負け、女性は勝ち負けよりも正しさを優先させる。というあたり、とても良くわかりました。

各章のはじめに男女の差が”野球ルール”と”ままごとルール”に分かれている表があるのですが、これを読むだけでも、そうか、そうだったんだ~と今までの男性・女性の行動の差に納得がいくのです。これは会社で働くうえで、知っておいたほうがいいですよ~。
出世したいならなおさらです。

そして、その上で会社で成功するにはやはり男性のように行動しなければならず・・・。
正義感の強い女性にとっては”そこまでしなくても”と思ってしまいそうです。

で、思ったのはですね。

こういうおままごとのルールで動く女性が世の中の大部分のリーダーとして活躍すれば、すごくいい世界になるよなー

ということです。戦争とかたぶんなくなりますよ~。女性は競争や勝負を嫌がりますし。

野球ルールじゃなく、ままごとルールがデフォルトになればいいのにな~。
女性が男性のルールに合わせるのではなく、男性が女性のルールに合わせればいいのにな~。

(あ、別に女尊男卑とかではないですよ。単純に、ままごとルールのほうがやっぱり生きていくうえで、気持ちが良いのです。)

やっぱりトップを目指そうか?(笑)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

« 「さようなら!あがり症」麻生けんたろう | トップページ | 「マインドマップ超入門」トニー・ブザン »

ビジネス」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

私もジョン・グレイ博士の本を以前読みましたが、確かにどちらかというと普通のお友達&恋愛系の内容だったような気がします(実はほとんど覚えてません…wobbly

「ビジネス・ゲーム」を読み終わったところなんですが、やっぱりこちらも読むべきですかね?book
ビジネス・ゲームの感想を書いてみたので、よかったら遊びに来てくださいね♪(食べ物記録がほとんどなのですが)

小紫さん、コメント&ご訪問いつもありがとうございます!

ブログ拝読させていただきました~。
すごくあったかい印象を受けましたhappy01
食べ物ほんとうにおいしそうですclover

「会社のルール」は、上司になった場合の対応などもかかれてますので、参考になると思いますよnote
私は、友人にすすめようと思いましたし。

もし機会がありましたら読んでみるのもいいと思いますsign03

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514826/43895353

この記事へのトラックバック一覧です: 「会社のルール」パット・ハイム、スーザン・K・ゴラント:

« 「さようなら!あがり症」麻生けんたろう | トップページ | 「マインドマップ超入門」トニー・ブザン »