2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「あなたもいままでの10倍速く本が読める」ポールR・シーリィ | トップページ | フォトリーディングをやるようになって気づいた読書のクセ »

「人生生涯小僧のこころ」塩沼亮潤

ものすごい人の本です。和田裕美さんやひすいこたろうさんが紹介していたので興味をもち、買ったのですが、とにかくすごいです。

著者はお坊さんです。千日回峰行という荒行を成し遂げ、さらに四無行という苦行も成し遂げた、まさに”生き仏”です。

私がブログで書評させていただくなんておこがましい、と思いました。なので書評でなく、紹介です。

千日回峰行とは、往復48キロ、高低差1,300mの山道を毎日16時間、9年間かけて歩き続けるというものすごい荒行です。山道ですから、自然災害はあるは、野生動物に襲われるは。。。霊の存在も感じたり。体はぼろぼろ。
そんな中でも死にかけている虫を助けたりしていらっしゃいます。

四無行とは、断食、断水、不眠、不臥(食べない、飲まない、寝ない、横にならない)を九日間続ける、というものです。普通は死にますよね。(もちろん命がけの行です)これってギネスじゃないの?

両方とも、私の中ではありえません。

そんなことが生身の人間にできるなんて。。。っていうかなんでそんなことしなきゃいけないの?と思った方はぜひ本を読んでください。これをやるために僧になったんです。このお方は。また、ご家族が素晴らしいのです。

行をやらなければならない、ではなく行をさせていただく、という気持ちでやっていたそうです。すごいとしか言いようがないです。

そして、びっくりしたのは、千日回峰行をやり遂げたときに達成感を感じなかった、というところです。これで行が終わる、ただそれだけ、だと。うわー。

でも本の中では弱音も吐いているし、やっていることはものすごく超人的ですが、とても人間性があふれています。やっぱり人間です。

行をやっていく中で沸いてくるのはやっぱり感謝の気持ち。

生かしていただいている、自分は恵まれている、という気持ちで涙が出てくるのだそうです。

そして最終的に、行の中で感じた「人間が生きていくうえで一番大事なこと」は、

足ることを知ること

人を思いやること

の二つだそうです。

足るを知る。。。私の今年の目指す目標の1つですね。(主に物欲ですが。)

すべてのことに対する感謝の気持ちがあれば、今の自分が満ち足りていることに気がつく。

再確認させていただきました。

この本は、感謝の気持ちの大切さを再認識させてくれる本だと思います。

(今回、活性化しようとしたら、これは全部読まなくてはでしょ!と思い直し、活性化はせずに高速リーディングで全部読みました。ブログを含めてかかった時間は75分です)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

« 「あなたもいままでの10倍速く本が読める」ポールR・シーリィ | トップページ | フォトリーディングをやるようになって気づいた読書のクセ »

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

自己啓発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514826/44186555

この記事へのトラックバック一覧です: 「人生生涯小僧のこころ」塩沼亮潤:

« 「あなたもいままでの10倍速く本が読める」ポールR・シーリィ | トップページ | フォトリーディングをやるようになって気づいた読書のクセ »