2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法」勝間和代 | トップページ | 「ダンナ様はFBI」田中ミエ »

「断る力」勝間和代

さて、アマゾンから早速届きました。

断る力、ということですが私自身は仕事に関してはそんなになんでもかんでも引き受けるほうじゃないので、割と無理せずマイペースにやっているほうです。それと、頼みづらい雰囲気を出しているせいもあるかと(笑)
でももしかしたら、上司が変わると崩れるかもしれません。高圧的な人(特に女性)に弱いので、受けちゃうかもなー。もしくは逆らって島流しかな(笑)

また、友人の誘いとかは結構断れないほうです。無理しても誘いにのってしまったり。。。
いい人に思われたいのかしらcoldsweats01

そんなこんなでうまい断り方はどんなんでしょうかね?、とやっぱり目的を決めて読むのです。

で、読んだ感想は、

やっぱおもしろいわー

です。

私の目的についてはあまり具体的な例は示されてはいませんでしたが、”断ること”に対して自信がついた様な気がします。

章は4章だてになっています。

第1章は”「断る力」の効力について”半分くらいページが費やされています。
とにかく嫌われるのを恐れずに断れ!ということです。
何回も出てきた言葉が、

「私たちは自分の扱い方を人に教えている」

という言葉です。自分の態度=相手に扱ってもらいたい態度、なんですねー。これわかるなぁ。変に下手に出られたり、媚びられたりするとあー、そういう態度なのね。じゃあ、そう扱うよ。みたいな感じになりますよねー。うーん、気をつけよう。

第2章では、”自分のゆるぎない軸をもつことについて”
勝間さんはご自分の批判をしている2ちゃんねるまでチェックされ、相手の分析までしています。それも自分の自己評価のためです。これはなかなかできることじゃないと思いますよ~。自分への批判を見て落ち込まずに分析してしまうとは、すごいメンタル体力ですね!
ちなみに対処法は「ほうっておく」だそうです。(笑)

第3章は、”自分のもつ影響力について”(ちょっと表現違います)いったん断ることで、よりよい方向より高いレベルへと影響する(場合もある)。みたいな感じでしょうか。

第4章は”断る力で周囲との好循環をつくる”チームワークについてですね。断ることでチームのなかの得意・不得意を選択し、補い合う好循環が生まれる、ということです。

とにかく、断れない=流される=考えることを放棄=脳みそは楽でも仕事は忙しい

ということに気づきました。

人の意見に流されやすい人は、自分の意見をもつことから始めることが必要なのですね。

流されそうになったら、読み返そう。

ちなみに、本の中で出てきたシゾフレ・メランコテストをやってみたところ、結果(勝間さんはメランコ度:76%シゾフレ度: 2%) は、

メランコ62%、シゾフレ12%で、診断コメントは下記のとおり

”どちらかというとしっかりとした自分を持っている人です。
まわりの意見を聞きながら、自分の意見を崩さないで、よりよい自分にしていくためには、有利なスタンスにあると言えます。他人の意見に流されず、多少にしっかりしたところがありますが、まだまだ自分へのこだわりも強く、ちょっとしたところでトラブルが起きるかもしれないので要注意。”

だそうです~。catface

(本書の活性化&ブログにかかった時間は60分chickです。)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

« 「無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法」勝間和代 | トップページ | 「ダンナ様はFBI」田中ミエ »

ビジネス」カテゴリの記事

勝間和代さん」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514826/44147028

この記事へのトラックバック一覧です: 「断る力」勝間和代:

« 「無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法」勝間和代 | トップページ | 「ダンナ様はFBI」田中ミエ »