2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 「人生生涯小僧のこころ」塩沼亮潤 | トップページ | 「伝わる・揺さぶる! 文章を書く」山田ズーニー »

フォトリーディングをやるようになって気づいた読書のクセ

フォトリーディングをやるようになってから気づいたのですが、私はビジネス書を読むとき、小説を読むように読んでいたんですねー。

つまり、内容を先にほとんどチェックせずに読んでいたんです。

それではだめなのだ、という読書マニュアルを何冊か読んでいたにもかかわらず、わかっていなかったんですね。できませんでした。でもなぜできないのかがわかりませんでした。

小説で内容を先にチェックするなんてことしたら、ネタばらしになってつまらない。特にミステリーなんてご法度です。

ビジネス書でもその”ネタばらし”を最初にしたくなかったんだなー、とやっと腑に落ちました。(料理やダイエットなどの実用書ではそんな読み方は当然してなかったんですが。)

フォトリーディングをやるようになってから、ビジネス書ってネタばらしもなにも、もともとそういう意図でかかれてませんから、見出しを最後までチェックするなんて当たり前、そして自分にとって必要な部分だけ、読めばいい。

そんな当たり前のことに気づいた次第です。(でもビジネス小説は小説のように読むんだろうな。。。)

さて、今日は何を読もうかな。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

« 「人生生涯小僧のこころ」塩沼亮潤 | トップページ | 「伝わる・揺さぶる! 文章を書く」山田ズーニー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォトリーディング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォトリーディングをやるようになって気づいた読書のクセ:

« 「人生生涯小僧のこころ」塩沼亮潤 | トップページ | 「伝わる・揺さぶる! 文章を書く」山田ズーニー »