2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 「日本でいちばん大切にしたい会社」坂本光司 | トップページ | 今頃気づいた二人の対談 »

「もえビジ」藤原萌美 山田真哉監修

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? でおなじみ山田真哉さんの本です。

著者の藤原萌美というのは山田さんの小説のキャラクターですね。そのキャラクターが本を出したという設定です。歌の世界ではよくありますが、会計の本ではめずらしい。(ていうか初めて?)

内容は、会計学についての考え方の本です。考え方なので、数字はほとんど出てきません。

構成がちょっと変わっていて、本でRPGをする感じなので選択肢を間違えるとゲームオーバーになります。まぁ、その構成も本が薄すぎて、ちょっとしょぼいのですが。

あと、ぶっちゃけオチも。。。うーん。。。ストーリーとしては楽しめません。

会計の超超入門書と思えばよいかも。

勉強にはなります。

中身の割りに、値段が。。。(自粛)

(本書の活性化&ブログにかかった時間は40分です。)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

« 「日本でいちばん大切にしたい会社」坂本光司 | トップページ | 今頃気づいた二人の対談 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「もえビジ」藤原萌美 山田真哉監修:

« 「日本でいちばん大切にしたい会社」坂本光司 | トップページ | 今頃気づいた二人の対談 »