2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「ウェブ進化論」梅田望夫 | トップページ | 「7つの習慣」スティーヴン・R・コヴィー »

「食堂かたつむり」小川糸

フォトリーディングで初小説。

小説の場合は活性化はせずに、フォトリ後に高速リーディングします。

”フォトリーディングで小説を読むとまるで映画を見ているようだ”

という話を講座で聞いていたので、いつか文字で五感を実感できるようになるといいなーと思いつつ読みました。

今回は、もともとの文章がすごく想像力をかきたてられるものだったので、おなかいっぱいの状態で読んだのですが、食事がしたくなりました

ストーリーは恋人を突然失い、ショックで声も失った主人公(女性)が捨てた故郷に戻って1日1組の食堂をひらく、というお話です。

この料理がとてもおいしそうです。。。
食材に対する姿勢もなんというか、良いです。無駄にしない感じ。

ほかにも主人公の祖母や母との関係、ペットの豚とのシーン、田舎の描写、なども感性に訴えるというか。

とても良かったです。

まだ五感を感じられるというほどではないですが、イメージ力が刺激された感じです。

(本書の高速リーディング&ブログにかかった時間は75分chickです。もうちょっと速く読めるようになりたいなぁ)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

« 「ウェブ進化論」梅田望夫 | トップページ | 「7つの習慣」スティーヴン・R・コヴィー »

小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514826/44273805

この記事へのトラックバック一覧です: 「食堂かたつむり」小川糸:

« 「ウェブ進化論」梅田望夫 | トップページ | 「7つの習慣」スティーヴン・R・コヴィー »