2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「自分をあきらめるにはまだ早い」手塚真輝 | トップページ | 「道は開ける」デール・カーネギー »

「本調子」清水克衛、本田健、七田眞、望月俊孝、斎藤一人、ハイブロー武蔵

読書賞賛・推奨本です。

読書のすすめ”というリアル本屋さんをやっている清水氏と、知り合いのスゴイ方々が読書について熱く語っています。全部で6名。

中にはフォトリーダーいますよ!(本田さん、望月さん←インストラクター)

この清水さんという方、読書が大好きでNPO法人(読書普及協会)まで立ち上げたという。。。

斎藤一人さんの行きつけの本屋さんだそうです。

読書大好きな私としては、皆さんが読書の大切さについて熱く語っているのを読んでいるととても気分が良くなってきます。(笑)
清水さんの江戸っ子な語り口も、イラスト交じりの装丁も楽しい。(清水氏の部分のみです)

これは、小さなお子さんのいる親御さんとかに読んでもらうといいかもですね~。

小さい頃からの読書の習慣の大切さが身にしみますよ。

各人の読書に対する姿勢で共通していることがあります。それは、

・伝記を読むこと

・座右の書をもつこと

このふたつです。

私は今ではあんまり伝記って読まないんですけども。
小さい頃は、漫画の伝記シリーズとか読んでいたような。ちなみに好きだったのはキュリー夫人です。(これ、勝間さんと同じだったりします(笑)もちろん本自体は違いますが。)やっぱ女性は女性モノがすきなのかなー。やっぱり野口英世や徳川家康、ベートーベンよりはキュリー夫人、ナイチンゲール、ヘレン・ケラーとかに興味が惹かれますね。

それはともかく

本を通じて偉人の人生を疑似体験できるいうことは、やはり伝記の醍醐味ですね。
これが本の良いところです。

座右の書については本田健さんが、いいこと言ってます。メンター本といってますが

”メンター本は、探してはダメなのです。メンター本は「出会うもの」なのです。”

自分がどういう人生を生きたいのか、探しているうちに出会うものなのだということ。

ちなみに私のメンター本は、これ です。

まさに運命的に出会った本です。

そんな本に出会えたことに感謝。

また、これからも出会えることを期待して本を読み続けたいと思いますnote

ちなみにこれは2003年に出た本なんですけど、第2弾も出すって書いてあるんですね。

えー、知らないなーと思ったら、最近第2弾が出たばかりみたいです。

6年越しなんですね。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

« 「自分をあきらめるにはまだ早い」手塚真輝 | トップページ | 「道は開ける」デール・カーネギー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

読書本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514826/45106124

この記事へのトラックバック一覧です: 「本調子」清水克衛、本田健、七田眞、望月俊孝、斎藤一人、ハイブロー武蔵:

« 「自分をあきらめるにはまだ早い」手塚真輝 | トップページ | 「道は開ける」デール・カーネギー »