2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「買物する脳」マーティン・リンストローム | トップページ | 「ゆらぐ脳」池谷裕二、木村俊介 »

「アインシュタイン・ファクター」ウィン・ウェンガー、リチャード・ポー

もともとは「頭脳の果て-アインシュタイン ファクター-」という本だったのですが、名前を変えて最近復刊したようです。

脳科学による”天才の作り方”の本でしょうか。

今からでも遅くない?色々な脳活性の方法が紹介されています。

軸となるのは”イメージ・ストリーミング”という方法。リラックスした状態でイメージしたことを大きな声で説明する、というものなんですけどね。

これは中々、今の私の住居環境では難しいかと。。。結構、壁薄くて。(笑)

叫びの壷でも買わないとかな。

でもこれをやるとですね、右脳が活性化され、左脳の抑制がとれ、脳の連携が強化されて飛躍的に使えるようになるらしいです。

信じるか信じないか。やるか、やらないか。それが分かれ道かも。

ちなみに神田昌典さんと勝間和代さんはこの本、10年後あなたの本棚に残るビジネス書100 で推奨されています。

フォトリーディングも有効な方法だと紹介されています。

あとは、フリー・ノーティング、モデル思考法、インプロビティピング、などなど。沢山の方法が色々なエピソードを交えて楽しく紹介されています。ドクター中松のことを絶賛されています。公文式の勉強法なんかも出てきたり。
モデル思考法もよさそうです。自分がなりたい人の姿をかりて、やりたいことをしているイメージをする、というおなじみの成功法則です。

とっても気になったところは。

天才は日記をつけている!自分の考えを書いて書いて書きまくっている!

という部分。これこそ、つまり右脳イメージを左脳言語に置き換える、ということなのでしょうか。

確かにブログを書いていると、中々自分の考えていることや、感じたことをそのまま文章にするって結構難しいと感じるんですよ。私は日記をつける習慣がないし。
あらゆる成功者って日記つけてるんですよねー。ということを聞いて、日記をつけていた時期もありましたが、、、、。(ーー;)

ブログは脳活性にもいい訓練なのかもしれませんね?!

継続は力なり!細々と続けて行くぞー

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

« 「買物する脳」マーティン・リンストローム | トップページ | 「ゆらぐ脳」池谷裕二、木村俊介 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

脳の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514826/45342216

この記事へのトラックバック一覧です: 「アインシュタイン・ファクター」ウィン・ウェンガー、リチャード・ポー:

« 「買物する脳」マーティン・リンストローム | トップページ | 「ゆらぐ脳」池谷裕二、木村俊介 »