2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「病は脚から」石原結貢 | トップページ | 「片付けられない女のためのこんどこそ!片付ける技術」池田暁子 »

「アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない」町山智浩

この本を読んで、日本に生まれてよかったなーとつくづく思いました。

マスコミからは聞こえてこない現代アメリカの闇の部分を、面白おかしく?伝えています。

アメリカの宗教問題、戦争、政治、偏ったメディア、貧困、人種差別、医療問題、、、、

盛りだくさんです。

出版は2008年10月で、このころはちょうど大統領選挙の最中。

ブッシュ前大統領の政治がいかにダメダメだったかがよーくわかり、あまりにもひどくて気分が悪くなるので、読むのを途中でやめたくなりました。

途中はとばし読みしましたが、最後のほうはブッシュの次の大統領選の話でちょっと救われた気分です。
最後の最後で、ちゃんとフォローもありますし。

民主党のオバマさんと争った共和党のマケインさん。テレビで見てたときは、つぶらな瞳が印象的でいい人そうだなー。でもブッシュの共和党だし。。。と思っていました。

この本を読むと、(ほんとかどうかはわかりませんが)素晴らしい人格者のようです。

古き良き時代の共和党の良心、みたいな。

この人が大統領でも良かったんではないかと思ってしまいました。

しかし、これからのアメリカはどうなってしまうんでしょう。

こんな国に頼ってばかりでいいんだろうか?と考えさせられてしまいました。

・・・ちなみにフォトリーディングはしないで読みました。

そうしておいて良かった。

この情報が潜在意識に刷り込まれたら嫌だ(笑)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

« 「病は脚から」石原結貢 | トップページ | 「片付けられない女のためのこんどこそ!片付ける技術」池田暁子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514826/45512057

この記事へのトラックバック一覧です: 「アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない」町山智浩:

« 「病は脚から」石原結貢 | トップページ | 「片付けられない女のためのこんどこそ!片付ける技術」池田暁子 »