2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 【DVD評】鴨川ホルモー | トップページ | 【DVD】ハッピー・フライト »

【本】「予想どおりに不合理」ダン・アリエリー

予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

やっとのことで読み終わったという感じです。

面白いんですよ。

面白いんですけど、なーぜか読み進まないという。

ちょっと読むと、寝ちゃうんですよ。眠くなっちゃうんですよ。

体調でも悪いのかと思い、別ジャンルの、先日ご紹介した弁当本を読んだら、全然読めるんですよ。

・・・経済、もしかして、自分、苦手?

ってうすうす知ってましたけどね。。。やっぱり苦手なんだと。。。大好きな勝間さんの本も、経済系は持っているのに読んでないし。

読まずに積んである本はたいてい、経済関係だし。はぁ。

でもこの本、そんなに経済バリバリって感じじゃないんですけどねー。

どちらかというと、行動経済学という人間の行動に関する本なので、心理学とか脳科学とかそっちのほうのジャンルに近いです。以前ご紹介した「買い物する脳」に似ているかな?

まあ、そんなことはともかく、行動経済学で解明されている人間の行動とは。。。

1.人は価格を相対的に判断する。(3,000円のペンが、800m先の店で2,500円で売られていたら、800m歩くが、50,000円のスーツが800m先の店で49,500円で売られていても800m歩かない。値引きは同じ500円)

2.”無料”と聞くと、人間はすごい刺激を受けて、不合理な行動をとる。(もっと得な選択肢があっても、無料のおまけつきのほうを選んでしまう。)

3.人との比較で不合理に判断する。(レストランで、頼もうと思っていた料理を先に頼まれたら、別のものに変える、とか)

4.価格が高いほど、薬は良く効く。(プラセボ効果。信じるものは救われる?)

などなど。

1番はよくありますね。3,000円のCDは買おうかどうかすんごい迷いますけど、飲み会の3,000円会費は安いと思います。飲み会なんて、たった2時間。CDはずっと聴けるのにね。

などなど、あーそれあるあるーという人間の不合理な行動がよく分析されているので、人ってほんとに比較で生きている生き物なんだなーと思いました。

比較という相対性に惑わされず、絶対的な価値観、ブレない軸、なんていうものを持ちたいものですね。
でも、これは絶対的でしょう!と思われる時間の流れですら相対的というし。混乱するなー。

・・・さて、次は「経済は感情で動く 」です。寝ないで読めるか!?

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

« 【DVD評】鴨川ホルモー | トップページ | 【DVD】ハッピー・フライト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514826/46910705

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】「予想どおりに不合理」ダン・アリエリー:

« 【DVD評】鴨川ホルモー | トップページ | 【DVD】ハッピー・フライト »