2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

【本】「犬はいつも足元にいて」大森兄弟

犬はいつも足元にいて

芥川賞候補にもなった作品で、書いているのは名前のとおり、兄弟です。

私、実は芥川賞の作品で、面白いと思ったもの、ひとつもありません。(これは候補だけど)

性に合わないのかな。

で、この小説は。。。

少年と、犬が出てきます。

大森兄弟、という名前につられて、兄弟の話かと勘違い。少年は一人っ子です。

以下、少々ネタバレになりますが

ほのぼの系かと思いきや、なんというか。。。暗い話です。後味も良くないし、オチもない。途中までは面白くて、どういうふうに終わるのかと思いきや。

あー、やっぱ芥川賞(候補だけど)は、だめか。。。

小説で、”最後はご想像におまかせします”、というやつが好きじゃないです。

自分で話を収められなかったから、読者に押し付けてる気がしちゃいます。。。

ネガティブ評ですみません。

でもこの小説がいいという人がいるから本になるんだし、賞の候補にもなるんですよねぇ。

・・・やっぱり私は大衆娯楽向きです。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »