2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2010年10月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年1月

【本】「人生がときめく片付けの魔法」近藤麻里恵

人生がときめく片づけの魔法

今話題の片付け本。

片付け本は結構持っていますが、私にとっては久々のヒット!

いいです。どんどん捨てられます。

この本では、片付けのコツは二つしか必要ないと断言しています。

・自分がときめかないモノは捨てる。(本当に必要なものを残す)

・全てのモノの居場所を完璧に決めて、使ったらその場所に戻す。

これだけです。(捨てるのが先です。)

まぁこれをやるには、やはりいろいろと葛藤やめんどくささや疲れなどと戦わなければならないのですが、著者は片付けオタクと自認しているとおり、ひっかかった場合の対処法などもきちんと教えてくれています。それに、完璧にやればリバウンドはないそうです。

著者の方のモノに対する敬意の心とプロ意識に感服です。

いままで私が片付け本では一番!と思っていたのは、ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫) でした。

この本を呼んだ後もかなり!捨てたのですが、今回の本ではもっと捨てられそうです。

やはり外国人の家のものと、日本人の家のものは少し違いますし。

ときめき片付け本は日本人向けですね。さすが片付けコンサルタントとして数々のお家の片づけをしているだけあります。

カレンさんの本では捨てられなかったものは、書類関係。

・給料明細書

・取扱説明書

・領収書

などでしたが、今回は本に説得されてバッサリ捨てました。

すっきりです。

やはりお部屋のデトックスは心にも効きますね。

一番感動した部分は、

「この本も必要がなくなったら捨てても良い」

というところでした。

プロだ!

« 2010年10月 | トップページ | 2011年8月 »