2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

映画・テレビ

【ドラマ】面白かった海外ドラマ

最近は海外ドラマ(アメリカ)をよく見ます。
BSにDlifeという無料チャンネルができてから、すごい量のドラマを見た気がします。
それに加えて、WOWOWにも加入してしまったので増える一方?

私は何話か見て、つまらなかったら見るのをやめますが、その中で最後まで見られて面白かったドラマを紹介します。(放映時期はH25.3.2現在のものです)

1.Glee(Eテレ シーズン2放送終了、CS-FOX シーズン4放映中)

ミュージカル的なドラマです。みんな歌やダンスがうまくて、ショーの シーンが気持ちよいです。ストーリーは二の次で、音楽シーンに重点が置かれたドラマです。フジテレビが『カエルの女王様』でGleeっぽいドラマにしよう としてましたが、歌唱力もダンスやショーの迫力もやっぱアメリカとは違うなーと思った次第です。
BSプレミアムでシーズン3を3月11日の深夜から集中放送します。

サントラはほぼレンタルしました。

NHKサイト
FOXサイト

glee/グリー 踊る♪合唱部!? vol.1 [DVD]


2.リベンジ
(Dlife シーズン1放送終了)

子供の頃に父親を犯罪者に仕立てられて死に追いやられたという過去をもつ若い女性が、それを仕掛けた金持ち一家と周辺の人々に復讐していくストーリーです。
モンテクリスト伯がモチーフになっているとかで、1話から主人公がお金持ちで頭が良くて非情だけど非情すぎず、中々面白かったです。真田広之さんもシーズン1に出ていました。
シーズン2が3月23日から放映です。楽しみ。

Dlifeサイト

リベンジ シーズン1 Vol.1 [DVD]


3.SMASH
(Dlife シーズン1放送終了)

マリリン・モンローをテーマにしたミュージカル舞台を作り上げていく過程をドラマにしたもの。

お決まりの主人公二人のヒロイン争いがメインですが、ミュージカルシーンにお金がかかっていて、すごく楽しめます。本場のブロードウェイ俳優やプロ歌手が出演していて歌もダンスもド迫力でレベルが高い!カバー曲も出てきますが、オリジナル曲もいい曲ぞろいです。
Gleeよりも大人っぽい。

私は録画を編集して歌のシーンだけ切り取ってBGMで流してます。サントラはレンタルが置いてなかったから買っちゃった。

公式サイト

The Music of SMASH SMASH DVD-BOX


4.グレイズ・アナトミー
(WOWOW シーズン8放送終了、Dlife シーズン3放映中) 

5人の外科インターンが成長していく医療&恋愛ドラマ。1話完結タイプのドラマは沢山見ましたが、見続けられた数少ないドラマの1つです。

患者の病気が変わったものが多いからかな?キャラクターが好きだからかな?
・・・何が面白いのかうまく言葉で説明できないのだけれど、面白いと思って見ています。

WOWOWサイト(ストーリーの過程がわかりやすいサイトです。)
Dlifeサイト

グレイズ・アナトミー シーズン1 コンパクト BOX [DVD]


5.アリーmy love
(Dlife シーズン5放映中)

昔NHKで放送されていて超有名なドラマでしたが、見たことなかったので見てみたら、すごくくだらなかった(笑)。主人公が弁護士なのにすごい変人。ありえないことの連続。でもそれがなんだか面白いというドラマでした。結局全シーズン見てしまった。(今Dlifeで放映しているのは2回目。)これも1話完結モノです。
人にすすめるかといわれれば、そうでもないですが、全輪見てしまったのでハマったのかなー。
売れる前の有名人とかがチョイ役で結構出ていて面白い。

Dlifeサイト

アリー my Love シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

とりあえず、このくらい。
今は何も見てませんが、Glee3とリベンジ2がもうすぐ始まるので楽しみです。

ほかに、24は見ました。面白いですが、シーズン6くらいになるとパターンが決まってきて若干飽きてきたような。
CSIは人気らしいので見たいけど(いろんなところでやっているけど)、最初から見たいので、今のところ見たことないです。かといってDVD借りるほどではなく。
NCISとコールドケースとボーンズを途中でやめた私でも見続けられるのかなー。

以下、途中で見るのをやめた海外ドラマの数々・・・

デスパレートな妻たち、プリティ・リトル・ライアーズ、ベロニカ・マーズ、クローザー、LOST、アグリーベティ、私はラブ・リーガル、リンガー、Dr.HOUSE、ギルモア・ガールズ、プリズン・ブレイク

【映画】「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」の感想

前作「シャーロック・ホームズ」を私が観たのが2010年3月だったので、2年ぶりの続編です。

 

前作ですっかりファンになってしまったので今回も映画館で観ました。

観た感想は、

今回も面白かった。やっぱり大好き!前作より好きかも、

です。

映画館を出るとき、満足して出れるって幸せです。

今作は、ちょっと名前とか新しい登場人物の関係性とかが最初よくわからなかったのですが、まあ観ているうちにわかってきます。(兄?妹?何?あのおじさん誰?みたいな)

そして今回、宿敵モリアーティ教授との対決がメインとなるのですが、モリアーティさんもすごい天才です。

悪の天才と正義の天才のぶつかりあいも見ごたえありましたが、やっぱりこのシリーズはアクションが!すごい!です。

普通の肉弾アクションも前回同様すごいのですが、今回は特に火薬系の迫力がすごかった。

お金かかってるなー(笑)という感じです。

そんなすごいアクションの中にもホームズの天才的な頭の良さがちらちら出てくるのが、アクセントになっていていいんです。

あと”笑い”ですね。ちょっとしたギャグとかもすごく面白くて、センスが良くて大好きなんです。(今回は、ホームズの後のほうの変装と、モリアーティ教授との対決部分のオチがツボでした。ネタバレになるのでふせますが。)

そしてそして、映画を映画館で観る最大の理由はなんといっても音!

音楽が映画とぴったり合っていて素晴らしかったんですが、その音楽を映画館の大音量で聴くと感動UP!

もう一回、観たい。


このホームズは一般的なホームズのイメージとは全然違うので、前作からもこんなのホームズじゃない、という批判が沢山あったみたいですけど、前作のDVDの特典映像を見てたら(DVDでも見てるのです。)、作ってる人たちは、このホームズは原作に忠実なホームズだと言ってました。

私は少ししか原作読んだことないですけど、麻薬中毒とか、引きこもりとか、空手の達人とか・・・色々記述があるんだそうですよ。(にしても映画はやりすぎな気がしますけど)
今の一般的な紳士的なホームズ像はドラマが作り上げたものだとかなんだとか。

まあ、私はそのあたりにこだわりはないので、純粋に娯楽作品として観てます。

本日、3月18日は地上波テレビで前作が放映されますね。

(先週はほとんどテレビは震災関連報道でしたから、3/10の公開にあわせられなかったのかな)

カットされてるかもしれませんが、観ちゃうな。やっぱり。

シャーロック・ホームズ シャドウゲーム 公式HP

前作「シャーロック・ホームズ」の感想

シャーロック・ホームズ [DVD]

【本】「外科医 須磨久善」海堂 尊

外科医 須磨久善

今日、ついさっきまでTV朝日系列でスペシャルドラマでやっていた原作です。

須磨先生は実在の人物で、原作はノンフィクション。
ドラマは細かいエピソードにフィクションが入っていますが、概ね原作に即していました。

原作を読むと、こんな人がほんとうにいるのか!という。。。

技術も頭脳も人間性も素晴らしくて、感動です。

そして間違いなく、選ばれた人です。

私の周りには。。。こんな人、いないな。

原作を書いた海堂尊さんはいわずと知れたベストセラー作家です。

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599) チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)

このバチスタ本↑は映画化されましたが、映画の手術の監修をやっていたのが須磨先生で、それが縁でこのドキュメントを執筆されたようです。

私は海堂さんの小説に最近はまっていて、かなりの作品を読んでいたらこの本にたどりつき、ちょうど図書館から本がきたとき(予約してました)にドラマ放映。ついてます。

原作は(わざとかもしれませんが)手術の説明図とかが一切ないので、手術の難しさとかがわかりずらい。

でも、ドラマだとその辺りはさすがにわかりやすい。ドラマだけに少し感傷的な部分もありますが。。。

須磨先生を演じられたのは水谷豊さんでした。

須磨先生は、とにかく医療や患者に対する姿勢、子供への教育などなど本当に素晴らしくて、まさに医者の鏡です。

医者だけにとどまらず、仕事人ならお手本にしたい方です。尊敬。

チーム・バチスタの栄光 [DVD]

TBSテレビ がっちりアカデミー!!でフォトリーディングが紹介されてました。

本日、フォトリーディングがテレビで紹介されていましたねー。

紹介されていたのは、本来の手順の半分くらいまでで、肝心の部分は放送されていませんでしたが・・・。

紹介していたのはおなじみ勝間和代さん。テレビで速読を披露されてましたが、ものすごい早かった!

1冊、2分半くらい?

すごい!

私だったら早くてもたぶん1冊30分はかかります。

テレビでも言ってましたが、フォトリーディングは厳密に言えば、文字を全部追う速読ではなく、本の内容を把握するもの。

つまり飛ばし読みしながら、でも内容を理解する方法です。

その肝心の飛ばし読みは、テレビでやっていた、本の内容を写真のように写し取ったそのあとにするんですけどね。(活性化といいます。)

だから小説とかには実は向かないかも。。。?(講座で習ったときは、フォトリーすると小説が映画のように感じる、と教わりましたが。)

ちょっと手順が面倒だしね。

でも、思い返してみれば、フォトリーディングを習う前、すごーく面白い小説とかを読むときは、とにかく先が気になるのでかなりの部分をそういえば飛ばし読みしていたような気がします。。。(ハリーポッターとか。)

でも内容覚えてるし。ストーリー把握に問題なし。

しかしながら、最近フォトリーディングをやっておりません。

なぜなら、、、ちょっとビジネス書に飽きてきてしまった。
(どうして私はこう飽きっぽいのか。。。)
それと、フォトリーしてると、リラックス集中状態になるので、なんか眠くなっちゃうんですよね。(そしてそのままうたた寝てしまう。反省。)

でもテレビのおかげで、またちょっとやる気出てきたかも?

まずは未読の本をなんとかせねば!

過去のフォトリーディング講座体験記事はこちらです。

【映画】「シャーロック・ホームズ」の感想

シャーロック・ホームズといえば。

イメージするのは、名探偵、英国紳士、シルクハット、パイプなどなど。

この映画のホームズは、パイプしかあてはまりません(笑)あ、名探偵もか。

とっても破天荒なホームズです。面白い。

引きこもりで、腕っ節が強く、やきもち焼き。。。なんだかちぐはぐですが、とても愛すべき天然キャラクターです。

そして、相棒のワトソン!ジュード・ロウがやってるんですが、なので当然かっこいいワトソンです。かなりいいです。

ワトソンの結婚により、この2人の最後の事件、というふれこみで始まった事件は黒魔術がらみです。(ホームズはワトソンの結婚相手にやきもちを焼いてます。(笑))

犯人は死刑になったものの復活してきた連続殺人犯。さて本当に犯人は死から復活したのか?本当の目的は?

などなど。一見、謎解きメインかと思いきや、アクションメイン。

すんごいアクションシーンだらけです。

最初、なんの予備知識もなく観ていたのでこのホームズ(の役者)が主人公とは思えなかったんですけど。

終わるころには、このホームズのファンになってました(笑)。

なんだかシリーズ化しそうな雰囲気で終わるし、いいかも!

息もつかせぬアクション満載で、面白かった~。

【DVD】ムーラン・ルージュ

ムーラン・ルージュ [DVD]

何をいまさら、って感じですが(笑)

2001年くらいの映画ですね。これ。

はじめて観たんですが、面白かったー。

観ようと思った理由は、ムーラン・ルージュの音楽が、よくフィギュアスケートの音楽に使われているからです(^^ゞ

高橋大輔選手や、中野友加里選手、キム・ユナなど、あとパトリック・チャンなんかは先月のオリンピックでも使っていましたね。(フィギュアでよく使われているのは、ロクサーヌのタンゴ、あとエンディングの曲です。)

ニコール・キッドマンがミュージカル?ってすごく不思議だったんですけど、中々良いではないですか。歌は微妙でしたが、、、。とにかくとんでもなく美しいです!半端ないわー。

舞台は1899年、パリに実在するムーランルージュというキャバレーです。

そこの踊り子で娼婦の二コールキッドマン扮するサティーンと、ユアン・マクレガー扮する貧乏作家のクリスティンの悲恋です。(ユアン・マクレガーは歌うまい!)

ストーリーはまあそんな感じでありきたりなんですが、テーマの”愛”がいいです。

「この世の最高の幸せは、誰かを愛し、その人からも愛されることだ」

このテーマがすごく伝わってきて、なんだかジーンときてしまいます。

古い時代背景なのに、ミュージカルに使われている音楽が近年のヒット作だったりして、そのミスマッチも面白い。(マドンナのマテリアルガールやエルトン・ジョンのyour songなど)

娼婦がヒロインなのに、そんなに下品でもなく、悲恋なのに後味が悪くもなく、これは良い映画でした~。満足。

《CD↓》

ムーラン・ルージュ オリジナル・サウンドトラック

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

映画ランキング その2

その2、書けました(笑)

古典が増える。。。

6位 スティング

スティング 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

これは、だまされます。だまし方が見事!

7位 かもめ食堂

かもめ食堂 [DVD]

フィンランドの美しさと、ほのぼの感に癒されます。

8位 グース 

グース コレクターズ・エディション [DVD]

これもグースに癒されます。グースと刷り込みで母親になった女の子の話。とにかくかわいい。自然も、美しいです。

9位 お熱いのがお好き

お熱いのがお好き 特別編 [DVD]

最高のコメディ!とにかく笑えます。

10位 バック・トゥ・ザ・フューチャー

バック・トゥ・ザ・フューチャー 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD]

3作出てますが、最初のやつがやっぱり一番ですね。マイケル・J・フォックスがロックを演奏するシーンと、スケボーのシーンが大好きです。

・・・結構搾り出した感じですが、もう一回見たいかどうかを基準にしてます。やっぱり映画は楽しくないと!

ミリオン・ダラー・ベイビーとか、スラムドッグ・ミリオネアも面白かったけど、もう一回見たいとは思わないんだなぁ。

あとは、次点に踊る大捜査線。やっぱ面白い。それと、私にしてはめずらしい、戦争映画のスターリング・ラードなど。

踊る大捜査線 THE MOVIE [DVD] スターリングラード [DVD]

オマケ

ワースト1 ファーゴ

ファーゴ [DVD]

友達につれられて、映画館で見てしまいました。。。映画を見ながら寝てしまったことと、映画が終わったときに見たことを後悔した映画は、今のところこれが最初で最後です。

結構名作って言われてるんですけど、私には理解不能です。お金もらっても二度と見たくないです。でもamazonとかでも評価高いんですよねー。わからん。

ちなみに、私はホラー映画とか、ギャング映画とか、後味の悪い映画は×です。

(ファーゴは、、、無差別殺人ですね。あの人間シュレッダーは結構トラウマかも。。。)

あれ、、、そういえば、、、、アバターは、、、、?www

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

突然ですが、映画ランキング その1?

世界一の映画(アバター)を観たので、私の中での映画ランキングをつけてみました。

すんごい映画好き、というわけではないので、幅が狭いのは、お許しください(笑)

ちなみに、宮崎アニメ、ディズニーなどは別枠です。

では、早速、、、

1位 タイタニック

タイタニック [DVD]

昨日もアバターの記事でお知らせしたとおり、1位はタイタニックです。
映像もすばらしいし、ラブストーリーもベタで完璧。キャスティングも最高。サイドストーリーもちゃんと感動がある。楽団のシーンは泣きました。ケイトが笛吹くシーンももちろん涙。
ジェームズ・キャメロン監督はすごいですね!次の2位もキャメロン監督だし!最高のエンターテイナーです。

2位 ターミネーター2

ターミネーター2 特別編<期間限定スペシャル・プライス版> [DVD]

ははは。。。いーじゃないですか。好きなんですよ。娯楽。このときのリンダ・ハミルトンが最高!母は強し!
そしてこれもターミネーターのアイデアがすんばらしい。なんですか、あの液体兵器は。なんで思いつくんですか、あんなもの。

3位 ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空に [DVD]

おっといきなり社会派。この映画には、”決してあきらめないこと”のすばらしさを教えてもらいました。ほんと例のあのシーン(雨の中、手を上げるところ)は、涙がとまりません。そしてモーガン・フリーマンは渋い。。。

4位 CHICAGO

シカゴ [DVD]

娯楽ミュージカル。この映画のキャサリン・ゼタ・ジョーンズは最高にかっこいい!ダンスも完璧です。レニー・ゼルウィガーの変身ぶりも見事です。(ブリジット・ジョーンズと同じ俳優、と聞いたときはほんとうにびっくりしました。)音楽がすごくいいんですよ~。唯一サントラを買った映画です。ハマって舞台も見に行きました。(米倉のじゃないですよ。ハリウッド版の)でも、映画のほうが良かったです。

5位 ハッピー・フライト
ハッピーフライト スタンダードクラス・エディション [DVD]

以前、DVD評をしたので、割愛。邦画だけど、アバターより上だなぁ。

(6位以下、次回につづく・・・かな?でももうあんまり思いつかないな~。)

こうみるとやっぱり娯楽ばっかりですね。(笑)

私、基本的に、暗くて重い話をわざわざお金出して映画館に見に行こうとは思わないんですよねぇ。(ショーシャンクはDVD視聴です。暗いけど、希望で終わるので。)

最近は映画を映画館で見ることも減っていましたが、3D映画が増えたので、これから映画館に行くことが増えそうです(^・^)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

【映画】「アバター」の感想

観てきました!アバター。もちろん3D。

しかも、最高の3Dと言われているIMAX方式です(^・^)

字幕でした。

アバターはこのIMAX方式で観ることを想定して、撮影されたそうですよ。

3D映画は、以前「カールじいさんと空飛ぶ家」をXpandD方式で観ているのですが、めがねがすんごい重くて、重くて、、、(赤いヤツです)しかも画面も暗かったんですよねー。
カールじいさんは、1時間30分程度だったのですが、その2倍の時間のかかるアバターは、これじゃつらいなーと思っていました。

3D方式は4種類あって、その比較をしたサイトを見たところ、IMAXが最高ということで、IMAXで観ようと思ってました!

(「3D アバター 比較」 で検索すると、比較したサイトがいろいろ出てきます。)

感想は、面白かったですよー。

そして、やはり、映像が信じられないくらい、キレイ! CMどおり、まるで現実にあるようです。字幕、浮いてて面白かった。

音もすごかったー。立体的。

IMAXは劇場自体が、IMAX規格で作られているそうなんですねー。だから、お金がかかるそうで。日本で今、109シネマズの中でも4つしか劇場がないそうです。ちょっとアレンジしているみたいですが。。。
私が住んでいるところからは、十分日帰りでいける場所にIMAXがあったので、ラッキーです。

IMAXではほかの3D方式では観られなかった、小さな虫も写っているとか。。。(確かに、虫は飛んでいた 笑)

・・・しかし、あれだけリアルな映像はどうやって撮影したのだろうか。。。

と、小さいころにスターウォーズをビデオで見たときと同じような、不思議な気分になりました。

以下、ストーリーのネタバレです。(グレー文字の部分)

↓↓↓

地球と似た環境にあるパンドラという惑星に、資源開発のために人間が入ってきて先住民であるナビィ一族と対立。

その話し合いを行うためにアバターというナビィ一族にそっくりな生命体を人間のDNAと掛け合わせてつくり、そのDNAのもととなった人間が、アバターと”リンク”して”操縦”しながら交渉を行っていくのですが。。。

主人公のジェイク(車椅子の海兵隊員)は突然殺された双子の兄(科学者)の変わりに、兄のアバターのドライバーとなります。

そして、ナビィ族と交流していくうちに、そっち側になって、最終的に人間と戦うことになる。

最後は、人間をパンドラから追い出し、ナビィとして生きていく。

めちゃくちゃ単純ですね。わかりやすい。

正直、ストーリーに感動はないのですが、その設定とか、ナビィ族のあり方とか、”アバター”の仕組みとかが、なかなか新鮮で、その想像力にある意味、感動します。

このあたりが、うけている理由なのですかね?それとも自然との共存というテーマとかって海外ではめずらしい?

私としては、交渉が決裂して結局は戦争になってしまったところがすごく残念です。

そこを単純に戦争にもっていかないでいれば、話として楽しかったかなーと思いました。

映像としては迫力がなくて、つまらないかもしれませんが 笑

外交は無駄、力は力でねじふせる、っていう結論はねー。

そりゃ、ないよ。

興行収入世界1位はすごい!でも3Dの料金は高いし!

っていうのも多少あるのかなぁ(ひねくれててすみません 笑)

ちなみに、私が今まで見た映画の中で、一番大好きな映画は「タイタニック」です。まじです。www

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

【DVD】プロフェッショナル仕事の流儀~木村秋則の仕事 リンゴは愛で育てる~

プロフェッショナル  仕事の流儀 農家 木村秋則の仕事 りんごは愛で育てる [DVD]

さて、年末に記事が消えてしまい、そのあと記事を書く気がなくなった原因(笑)はこれです。

奇跡のリンゴ 」を読んで、ぜひ観たい!と思っていた番組ですが、ようやく見れました。

リンゴの無農薬栽培を行っている木村秋則さんの話です。

この番組の内容は、それを本にした奇跡のリンゴで概ね知っていたので本を思い出しながら見たのですが、ご本人が動いて話しているのを見たのは初めてだったので、良かったです。映像でもリンゴや自然への愛情が伝わってきます。

ただ、無農薬栽培に至るまでの内容は本のほうが詳しいです。ライターさんの熱意も伝わってきます。

でもオンエアではカットされていたおまけのインタビューが結構長くてお得です。

映像で一番びっくりしたのは、木村さんの顔が、昔の写真と別人なこと!

昔はけっこう男らしい感じの方だったのですが、今はまるで生き仏のよう。

悟りを開いた人の顔って変わるんだなーと驚きました。

木村さん、まだ60歳でそんなにお年じゃないんですが、もう好々爺な雰囲気です。

木村さんのブログを読むと、昨年は講演や農業指導などでものすごく忙しかったそうで、体調も壊されたそうです。

それを反省して、今年からは講演の回数を減らし、(自分ができなくなったときのために)木村さんの自然農法を伝える後継者の育成に力を入れていくとのこと。

と、それを読む前に、わたくし、木村さんの講演に申し込んでおりました~。ああ、滑り込みセーフ!?

来月行く予定です!

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ