2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

笑える本

「日本語でどづぞ」柳沢有紀夫

ひさびさ笑える本をご紹介。

タイトルの”どづぞ”は間違いじゃありません。(笑)

”言いまつがい”みたいですが、これは海外で見かけた間違っている日本語の数々を掲載した本です。お菓子のパッケージやレストランの日本語メニュー、お店の看板などなど。

日本語ってかなり特殊ですから、外国で間違われるのは仕方ない、と思いますし、日本でも変な英語のTシャツとかありますから人のことは言えないんですが、もうちょっとなんとかならなかったのか(笑)、という笑える間違いが多数載ってます。そういえば、海外旅行に行ったりすると、変な日本語多いよなぁ。

たとえば、タイの八百屋さんにあった「キーうイつルーツ」(つるーつ、、、ぷぷぷ。)

アメリカの緑茶ペットボトルの「はごしなく自然を追求 サソリゐるがァ!」(意味不明、、、サソリ?)

などなど。投稿ネタにコメントする著者のツッコミもなかなか面白かったです。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「天使は歩いてやってくる」犬飼ターボ

成功者・犬飼ターボさんの小説風成功本です。(ていうか、成功小説作家というジャンルの方なんですね←アマゾンの紹介より。)

日本では小説風成功本って翻訳本ほどはないかなーと思ってたんです。成功者は体験は書いても小説は書かないのかと。

でも、最近は小説仕立ての自己啓発本や成功本、増えてきているみたいですね。
小説しか読まない人には、いいかもしれません。

で、この本の感想ですが、


shine
何これ、めっちゃ面白いんですけど!shine

なのです!

感想は、有名なこの方のブログとほとんどかぶってしまうんですけど、、、(まさにそのとーり!みたいな感じですflair

ストーリーもいいし、笑いも感動もあるし、登場人物のキャラクターもいい。
電車の中で読んでてほんと面白くてニヤニヤしちゃいました。噴出しそうになることも。(風邪予防のマスクをしてて良かったcoldsweats01

そして、肝心要の成功法則・19の教えも簡単に感じますが、成功法則からお金引寄せ、心理療法、心理学もろもろ、幅広くて意外と深くていい。

完璧じゃないですか~!

あらすじは、アマゾンより下記のとおり。

競争社会から脱落し、ひょんなことから成功者が所有する高原の別荘で
管理人をすることになったオレのもとに、ある日一人の女の子が訪れる。

彼女はオレを成功者だと勘違いしたままパン屋さんを開くという夢を
叶えるためにレッスンを受けることになった。

ニセモノの成功者として出した「誰でもできる簡単な課題」を彼女は素直
に実行し、その中で彼女自身でも気づかなかった本当の夢を見つける。

そして、彼女の成功を手助けするオレにもいつしか変化が現れて・・・・。
男女問わず、肩肘張らずに読める、ハートフルな成功小説!


この”オレ”、やっぱり名前ないんですね。それとほとんど二人だけで話が進行するのは「夢をかなえるゾウ」と似ていますが、主人公の立場はまったく逆です。この設定も面白い。

で、ヒロインがまた素直で(空気は読めないけど)いいんですよね~。この素直さってほんと大事だと思います。教えを、なんだかんだありますが、最後は素直に全部やっちゃうんですよ。素直すぎ?(笑)
成功本の内容の批判ばかりしてないで、とりあえずやってみることの大切さや、やってみたけどダメだったときの対処法まで主人公が(笑)教えてくれます。

私が響いた教えは、『宣言してからやる(自分が自分のリーダーになる)』『いつチャンスが来てもいいように「準備」する』です。

・・・この本、あとがきがないんですが、ターボさん、あとがき書き忘れちゃったそうです。(笑)
幻のあとがきが、犬飼ターボさんのホームページ内のこの本の特設ページで読めます。

この本は、おススメです!なぜなら笑って泣けて、ためになるから!

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

続きを読む "「天使は歩いてやってくる」犬飼ターボ" »

「言いまつがい」糸井重里、ほぼ日刊イトイ新聞

上記は文庫ですが、単行本のほうは本自体が曲がったり、製本が変だったり色々と、’まつがっちゃって’ます。本自体が読む前からすでに、おもしろい。

ほぼ日刊イトイ新聞に投稿された数々の’言い間違い’のネタを集めた本です。
すごい笑いました。
涙出るし、腹筋痛くなるし。

ただ言いまちがってしまったエピソードをずらずら並べているだけなのに、なんでこんなに笑えるんでしょうか・・・。
ある意味、不思議。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「生きるコント」大宮エリー

生きるコント
 
東大薬学部卒業後、電通に入り、現在は映画監督・放送作家・脚本家・CMディレクターである大宮エリーさんのエッセイ。
週間文春で連載中です。
この人、ほんとに変わってます。
オモシロイよ
華麗な経歴からは想像できないような天然っぷり。
それをエッセイとしてさらけ出して書いてしまうところがすごい。
生きるコント、ってほんとタイトルどおりの人だぁと思いました。
それと、おかあさんとの話がなんか、いいんですよねぇ。
笑って、ほんのりもの悲しい、みたいな感じでしょか

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

「ナンシー関の記憶スケッチアカデミー」ナンシー関

ここら辺で一息。
笑える本happy01シリーズ第1弾。

とにかく笑いたい人におススメです。
腹筋が痛くなることを覚悟してください。

ナンシーさんがお亡くなりになって、もう6年以上になるんですね。think
ほんとに、今でも残念です。早すぎ。
テレビのコメントに関して、彼女を越える人はいまだに出てきていない、と思ってます。

これは『通販生活』カタログで連載されていたもので、読者にお題を出して、絵を描いてきてもらうというものをまとめたものですが、その絵は見本を見ずに、記憶に頼って描くのです。

もう、ほんとうに爆笑です。人間の記憶って・・・。(見てのお楽しみです)

牛乳飲みながら、電車の中、会社の昼休みなどに読んではいけません。大変なことになります。

続きを読む "「ナンシー関の記憶スケッチアカデミー」ナンシー関" »