2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

その他の本

「天才!成功する人々の法則」マルコム・グラッドウェル 訳・勝間和代

マルコム・グラッドウェル氏の著作はこれが3作目。

ということを知ってびっくり。すべて海外ではベストセラーです。

世の中の天才に関する情報やエピソードの数々を見ていき、著者の示したある一定の法則(仮説)をあてはめてみるとピッタリ。。。という読んでて痛快な部分もあるし、逆にある意味つっこみたくなる部分もあります。
どちらにしても、その視点が非常に面白いことには変わりないですが。

グラッドウェル氏の本を読むと実は結構アタマが疲れます。

話がどんどん移り変わるので、たまに私のアタマがついていけなくなるのですね。

さてこの内容をどうやってまとめてブログに書こうか、と思いつつ、巻末の訳者の勝間さんの解説を読んだら、ものすごーくわかりやすくまとめられていました。理想的です。”グラッドウェルの「正しい」読み方”の部分なんて、そのとおり~!と思いましたよ。

この解説を読めば、この本が読みたくなること請け合いです(笑)

と、これだけで済ますのも手抜きなので、特に面白かった部分を(自分の言葉に置き換えて)羅列すると

”天才になるには1万時間の時間が必要”

”成功する人の出身地や出生年月日には共通点がある”

”IQが195あっても必ず成功するというわけではない(アインシュタインはIQ150)”

”水田は勤勉という文化を育む”

”数学の成績が欧米よりアジアのほうが良い理由は数字の読み方にある”

つまりは才能を”天才=成功”に導くには、どうしても「環境の後押し」が欠かせない、ということが書かれているのです。

この本が読める環境にいる私は、ラッキーですね。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「ほめ言葉ハンドブック」本間正人・祐川京子

一言で言うと、ほめ方マニュアルですね~。

前半が正しい人のほめ方について、後半がほめ言葉が羅列されている部分です。

この前半がよいですね。どうやって人をほめたらいいのかわからない、という方に向けて”ほめる”と”媚びる、おだてる”の違いや、人によってほめ方が異なるなど、具体的に説明されていてわかりやすいです。

読んでて思ったのは、仕事していてほめられたことってそういえばあんまりないなぁということです。

自分だけではなくて、他の人もあんまりほめられていない様子。。。

日本人ってほめベタなのかも?

私自身も、プライベートは結構意識して人をほめているのですが、仕事となるとなかなか上の人に対してほめるということはあまりしていないかも。下の人には意識してほめるようにしているんですけども。(そもそも下の人というのがほとんど職場にいないんですけどね。下っ端なので。)

自分がほめられたければ、まず他人をほめないとですね~。

人をほめるには、”観察すること”が重要だと感じます。
その人のほめられたい部分は何なのか、見ていないと中々わからないですよね。

人をほめる=良いところを探す

逆に、あら探しはしないことが重要です。

あと、たまには自分で自分もほめないと!

今すぐほめられたい方は、今話題のほめられサロンへどうぞ

☆私からあなたへ☆

数あるブログの中からこのブログに来てくれたあなたはものすご~くいい人です!
私にとって特別な人です!本当にどうもありがとうございます!

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「生きて死ぬ智慧」柳澤桂子

この本は、生命科学者にして歌人の著者が、般若心経を自分の言葉で訳した詩集のようなものです。最後に直訳・英訳も載っています。本自体のボリュームはないですが、中身は重いです。

般若心経。。。つまり、お経です。

宗教とかにはまったく興味の無い私ですが、なんでこの本を買ったのか?

・・・すっかり忘れました。が、どこかでこの本を勧めているレビューやブログ、メルマガなどの記事を読んでいるはずです。でなければ買いませんので。。。

般若心経、日本人なら、大抵法事とかで何回か聞いたことがあるのでは?

私は、お経の意味なんかわけもわからず聞いているだけなのですが、今回この本を読んでなんとなくわかりました。

この世の全ては1つであり、”自我”は存在しない。あるのは”空”のみ

これが究極的な悟りの境地のようです。

自我を捨てる、執着を捨てる、原子レベルで見ると自分と他人は同じもの、、、

昨日の記事で書いた本(「成功法則は科学的に証明できるのか? 」)を読んでいても思いましたが、

科学者と宇宙と悟り

なんだか共通点があるようですね。

自分というものについて考えさせられる、宗教的というよりは哲学的な本です。

・・・とにかく深いっ

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「猪口さん、なぜ少子化が問題なのですか?」猪口邦子&勝間和代

約2年前、2007年4月に出た本です。お二人の写真が載ってますが、現在の勝間さんと比べ、最近の勝間さんがものすごーくキレイになったのがよくわかります。何より痩せました!すごい!自転車効果?

この本は勝間さんの本の中で、最も売れていないという本ですcoldsweats01。ちなみに私も図書館で借りました。

猪口さんは、私の中では小泉チルドレンの一人で青いドレスの女性(入閣のとき)、というイメージしかなかったのですが、これを読んでとても聡明な女性だなーと思いました。

勝間さんも猪口さんもご自身がワーキングマザーで、子育てと仕事の両立をされてきましたから、そのメリットやデメリットをよくご存知です。その上で、子供を生むとメリットのほうが勝るし、今後の日本社会の発展のためにはもっと子供を生んでもらわないと困る、ということを訴えています。

ここで日本の人口が少なくなったら移民を受けいれればいいんじゃないの、という意見もあるかと思いますが、そうすると日本の文化が継承されなくなり、いずれ失われます。ただでさえ、食文化などは欧米化されていて危機なのに。。。日本のわびさび文化はなくすには惜しい素晴らしい文化だと思います。そのためにも日本人は急激には減らさないようにしないと~。

ワーキングマザーについてですが、私の職場は割りと女性への待遇は良くて周りにも育児休暇をとっている人は沢山います。ただ、やはり1年2年休み、戻ってきても短時間勤務、などなど周囲への影響は大きく、残った人の負担になるのは確かです。でもそれは母であるワーキングマザーの方々のせいではありません。
そのあたりの人員配置というのはもっと職場で考えて、流動的にしてもらいたいなぁと思ったりします。

あとやっぱり不妊ですね。これも治療している人が周りに結構います。治療費に補助が出るようになったようで、良いことと思います。不妊は金銭的だけでなく精神的な負担もかなりあるようですから、少しでも負担が軽くなればよいなと思います。出生率も上がるんでは?

勝間さんはこのこと、というかワーキングマザー、子育てのことを世間に訴えたくて独立を決心されたと書いてありました。

猪口さんも、”そのために、学問の楽園から、政治の原野に、わたくしは出てきたのですから。”とご決心の様子。

最近猪口さんは影が薄いですが、子育てに興味の無いオジサン政治家に負けずに、もっと存在感を示してもらいたいです。(私が知らないだけ?でも一般人が知らないというのは、政治家にとっては痛いような。)

変わりに勝間さんが台頭してきていますが、やはり民間人ではなかなか政治は動かせないような気がするので、本気でやるなら猪口さんのように政治家になっていただきたいなーなんて思ったりします。(でも勝間さんなら民間人のまま大臣になったりして!?)

仕事と子育ての両立に悩む方は読んでみてはどうでしょうか。子育て支援の新しい施策(といってもH19年度のものですが)が盛り込まれているので、参考になるかも?

(本書の活性化&ブログにかかった時間は60分です。)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「開運!パワースポット『神社』へ行こう」一条真也 監修

最近、流行のパワースポット、神社についての雑学本です。

私もここ1年くらい、以前よりもずっと神社に行くようになったのですが、中々神社について調べたりはしなかった(参拝の仕方くらいは調べましたがcoldsweats01)うえ、まったく神社について知らないことだらけだったので、この本は文庫で軽く読めてちょうどよさそうなので買ってみました。

知らなかったことが満載でした。

鳥居や狛犬の意味や、神様の種類、神職のなりかたなど。。。ちょっと説明不足の点もありますが、疑問の入り口の本としてはこのくらいの程度でよいかと。もっとつっこんで知りたい場合はまた本がたくさん出てますしね。

へぇーと思った知識は、

・神社でのお葬式について
・お盆は実は神社が発祥だった
・神主さんがお祓いするときに言っている言葉について(もちろん、お経じゃないですよ)

などなど。。。日本古来の神様の懐の深さがよくわかりました。神道は昔は宗教じゃなかったというのも驚きです。たしかに布教活動とかはあまりしてないそうで。。。氏子とかどうやってなるんだろう?

後半は、各地のパワースポット神社について1ページづつ説明があり、近くの神社も探せます。

あー、お伊勢参りに行ってみたいなぁ~(伊勢神宮が神社の中一番でえらい、というのも最近知った次第です・・・)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「できそこないの男たち」福岡伸一

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891) で有名な福岡伸一さんの新刊です。

「生物と無生物のあいだ」は半分くらいまで読んで、そのままになってますcoldsweats01
とっても面白いんですけど、またあとで読もう読もうと思っているうちに新刊が出てしまった。

勝間和代さんのBook Loversにも福岡さんがゲスト出演されていたので、「できそこないの~」を先に読みました。

ビジネス書ではないんですけどね・・・面白かったです。

エッセイのような、ノンフィクション小説のような、文学的な文章で、迫力のある研究者の様子が書かれています。もちろん、科学的な説明部分もしっかりと。

最終的な結論としては、生物の基本はメスで、オスはメスから作られた便利な遺伝子の使い走りでしかない、ということらしいです。
それは前々からなんとなく言われてましたけどね。ここまで断言されると男性の方はへこむでしょうか?

このことを説明する象徴的な生物として「アリマキ」という虫が登場するんですけど。
このアリマキのメス、すごいです。この説明部分だけでも読む価値あるかと。こんな虫がいるんですね~~~。びっくりです。高校の生物の実験でプラナリアを切断したとき以来の衝撃です。・・・と思って検索してみたら、アリマキってアブラムシのことらしいっす!すご!身近!

まぁ、遺伝子的な結論がメスが上だからといって、現在の人間の社会では男女、どっちが上ってこともないのではないか、と思うんですけどね。それぞれの家庭で違うのかと(笑)

ただ、やっぱり現実の社会では男尊女卑とかありますけどね。。。
昔っから不思議なこの考え方。女性は不浄のもの、とか。
そのようなことを言う方たちもその中から出てきたのに、不浄だなんて言えちゃうのがほんと不思議だなぁとは思います。
でも、最近の世の中は女尊男卑だ、なんていう人もいるらしく・・・。(女性専用列車や、レディースデーなどで)
この本って女尊男卑なのかな(笑)

Book Loversご出演時によれば、福岡さんの一番言いたかったことは、

威張るな、男よ!

だそうです。(笑)

でもこの本、こんなタイトルで男性は手に取りますかね?

単純に科学的読み物としても、大変に面白いのですが。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「初対面3秒の魔法」佐藤伝

人間の印象は初対面の3秒で決まってしまう
だからその3秒で相手にいかに印象付けをして好かれるか、ということを教えてくれます。

3秒って、、、短いですね。。。
1、2、3、はい終わり。

この1瞬に、相手をひきつける”間(沈黙)”を入れて自己紹介せよと。
むむむ、難しい。。。

と思いますが、「あ、はじめまして」でいいそうです。
その最初の「あ」が重要だそうです。

ビジネスで有効な自己紹介方法や合コンでのテクニック(意外)なんかも載ってます。
変わった名刺の紹介なんかも。(かなり奇抜。。。)

ページも少ないので、するっと読める本です。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「ツキを呼びこむ!朝2時間の早起き」宮西ナオ子

早寝早起きは三文の得、なんて誰でも知っています。
でもできない。しない。
なんででしょう。

仕事が忙しくて残業しているから。低血圧だから。夜型だから。毎日、飲み会。深夜テレビが好きだから。。。
などなど色々理由があると思います。

でも、やっぱり、早起きしたい!という人は多いと思います。私もその一人。

で、読んでみたら。

読んだ後からここ10日くらい、2時間は無理だけど、1時間、以前より早起きしてます。
なんと、休日もです。
すごい効果。説得力。

今、残業もそれほどせず、気候も良いせいもあると思います。
私はものすごい寒がりなので、これから冬にかけても継続できるかが、課題です。

本を読んでやる気になっても、できるかどうか決めるのは結局自分です。
できないときは、「できないと自分が決めてるだけ」なんですよね。

早寝早起きは気持ちが良い!得をする!
と、海馬に「良い記憶」として刷り込み続けて、潜在意識に「私は早起きだ」と言い聞かせて、継続したいと思います。

ちなみに、睡眠時間は6時間以上とったほうが、脳の情報処理上は良いようです。
美容には、22時~2時の間、寝ていたほうが成長ホルモンが良く出ていいみたいです。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「B型自分の説明書」Jamais Jamais

流行り始めた頃に買って最近まで放置していました。

すでにこの辺B型ですか?

5~6割当てはまったかな?
面白いですよ。うん。

でも、的中率が低いのはやはり血液型と性格は違うといわれているからなのか、
もしくは私が女性だからなのか・・・わかりませんが。

一番最初の文章↓は、大当たりでした。

「B型が好き」

です(笑)。

ほかの血液型には興味ないので、もちろんほかのは買いません(笑)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログへ

A型自分の説明書 O型自分の説明書 AB型自分の説明書
Amazy