2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

勝間和代さん

【本】「目立つ力」勝間和代

目立つ力 (小学館101新書 49)

勝間さんの現在のところの最新刊・・・だと思います。

内容は、ネット上でいかに自分を目立たせ、それをビジネス、プライベート双方に活用するかのお話です。

ブログ、ツイッター、mixi、、、などなど。自分を売り込むツールとして、活用しましょう、ということで、勝間さんはこれらを「立体名刺」と呼んでいます。自分を売り込むコストをさげよ、とのこと。

一応、全部やってますが、どれも私は零細規模です(汗)ネット上でも人見知りか!?

第1書はこれらをやっていない人向けに、メリットを語ってくれます。私もやらないよりはやったほうがいい、と思っていますので同意です。

私がブログを始めたきっかけは勝間さんの「インディペンデントな生き方 実践ガイド 」を読んだからなのですが、実はこのブログの前にはじめたブログは普通のエッセイ風ブログでした。でも続かなかったんですねー。(削除しちゃいました。)読書ブログにしたら、細々ですがなんとか1年ちょっともってます。続けられるネタ選びというのも重要ですね。

第2章~第4章では、ブログを立ち上げるとき、立ち上げたたあとの戦略について。この戦略部分については今までの著書よりかなり掘り下げて詳しく書いてありますので、私のような零細ブロガーには参考になりますねー。とにかく、人と違う、読んだ人の役に立つことを書けと。”エッジをきかせろ”と表現されています。それが何なのか、はじめはわからなくてもとりあえずやってみれば段々わかってくる。。。

私はブログの戦略とか目的とか全然考えずにやっているので、ちょっと反省。広告をブログに入れるのは嫌いだったんですが、入れようかな。。。

私がブログをやっていてよかった、と思うときは本を読んだ感想をきちんとしっくりくる言葉にできたときです。
表現力と語彙が足りなくて、思っていることがちゃんと伝わる言葉にできないときが多々あるんですけどもね。
スパッと言葉と気持ちが合ったときは、気分が良いです。そして、見てくださる人が反応してくださると、さらにうれしさが倍増なんですねー。(というか、誰もみてくれなければ、絶対続きません。)

まだまだ立体名刺というには拙く、あまり個性の出ていないブログですが、今後も続けていこうと思います。

継続は力なり!

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

週間AERA 2009.10.12号(勝間和代×香山リカ対談)

日経 対 東スポ (笑)

香山さんの弟さんのお言葉だそうです。秀逸~

しがみつかない生き方 」が30万部を突破した香山リカさんと勝間和代さんの対談です。

新聞広告をみて、これは買わねばーと飛びついたカツマーな私です(笑)すっかり雑誌に乗せられている~。

しがみつかない生き方 」は読んでいないのですが、あのオビにもなった章タイトルはすっかり有名になりましたね。

そう、”勝間和代を目指さない”です。

そんな自分を否定するような本を書いた人と対談する勝間さんは心が広いですね。こういう企画に怒るような度量の人もいますからね。香山さんもまた勇気のある。。。

本を読んでないのでなんとも言い難いんですが、勝間ファンとしては、なにをー!といいたくなる内容なのですかね。

しかし私も自己啓発本大好きなカツマーですが、勝間さんを目指しているわけではありません。

ただその行動力と実行力、頭の良さに憧れ、尊敬しています。

勝間さんのようになれないのは十分わかっているので(なりたいとも思っていない)自分は自分の範囲内でちょっとずつ進歩していけたらいいなぁ。。。くらいです。大して努力家でもないですし。

成功本や自己啓発本を次から次へと試し、実行できない自分を責める、ということは一切ないので、そういう意味ではしがみつかない生き方してますね(笑)。かなりゆるい。生きてるだけで毎日幸せなのです。

なので、「しがみつかない生き方 」は私には必要ないのです。

前置き長くなりましたが、対談の内容は、ひたすら香山さんが勝間さんにかみついてるような印象です。「ご飯がおいしいと幸せ」な勝間さんに対し、「ご飯で幸せになれるんだったら成功しなくたっていいんじゃないですか」だそうです(笑)
対する勝間さんは「おいしいご飯のためにはそこそこの経済力とスキルが必要です」なるほど。

香山さんのクリニックには成功できない自分を責めてうつになる人がすごく多いそうです。自己啓発を実践していれば自己肯定力が増すんじゃないかと思うので、うつにはならないんじゃないかと思うんですけどね。。。

なんにせよ、他人と比較したり、他人の価値基準を自分にあてはめてしまうことはほんとに不幸なことだなぁと思いました。(勝間さんの価値基準を含め。です。)

香山さんも言ってますが、ある意味勝間さんの本は「誤読」されているのかもしれませんね。

お2人の写真が載ってますが、香山さんの服がすごいなー。ドクロ入りのジャンパー?みたいな。

6ページにわたる対談で、中々面白かったです。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「まねる力」勝間和代

勝間さんが雑誌AERAで連載していた対談集+αです。

いろんな人との対談を通じて、勝間さんがまねる力を存分に発揮していくという構成になっています。対談後のフォロー記事や勝間さんの美へのチャレンジなども書かれています。

対談している方々は、

福岡伸一(分子生物学者)
姜尚中(東大大学院教授)
イネス・リグロン(ミスユニバースジャパン・ナショナルディレクター)
渡邉美樹(ワタミ会長)
佐藤優(作家、起訴休職外務事務官)
蒲島郁夫(熊本県知事)
湯浅誠(反貧困ネットワーク事務局長、年越し派遣村村長)
長妻昭(民主党議員)
南場智子(DeNa社長兼CEO)
永谷亜矢子(東京ガールズコレクション実行委員長チーフプロデューサー)
まつもとゆきひろ(プログラミング言語「Ruby」開発者)
山中俊治(プロダクトデザイナー)
小渕優子(少子化対策、男女共同参画担当大臣)
山田昌弘(社会学者)
土井香苗(ヒューマン・ライツ・ウォッチ東京ディレクター、弁護士)

(敬称略)

ということで、すごいメンバーですね。読んだ中でも私が印象に残った方々は、先日も著作を紹介したイネス・リグロンさん、渡邉美樹さん、蒲島郁夫さん、土井香苗さなどですが、ほかのみなさんもやはり行動力のある方々ばかりです。読んでいて、こういう日本人もいるんだなーと思ってうれしくなります。
(小渕大臣の愚痴?というか弱音?にはちょっと笑ってしまいましたが。勝間さんが先輩目線です。)

あとびっくりしたのは佐藤優さん。ムネオ議員関係で世間を騒がせたお方ですが、(最近は作家で活躍しているようで著作は読んだことないのですが)まだ裁判中ということであまりいいイメージがなかったので、ちょっと意外でした。

そしてやはり勝間さんの「まねる力」の行動力!

イネスさんに会ってから美に目覚めたということで、もうほんと1年前とは別人のようにきれいになりましたよね!

姿勢を正す、ボイストレーニング、メイクアップなどのレッスン風景も載っています。

勝間さんの「まねる力」の威力を感じます。

しかし、皆さんあまりにも自分と違うので、「行動力」のある人ってやっぱり生まれつきの才能なんじゃないかなーと思ってしまう今日この頃。。。

ソンナコトナイヨ、ダレデモデキルヨっていうのが自己啓発の定番なんですけどねー。。。

まあ、私にできることからコツコツとね。とりあえずインプット。
いつか、情報を入れすぎて、あふれるときが来るかなと。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「天才!成功する人々の法則」マルコム・グラッドウェル 訳・勝間和代

マルコム・グラッドウェル氏の著作はこれが3作目。

ということを知ってびっくり。すべて海外ではベストセラーです。

世の中の天才に関する情報やエピソードの数々を見ていき、著者の示したある一定の法則(仮説)をあてはめてみるとピッタリ。。。という読んでて痛快な部分もあるし、逆にある意味つっこみたくなる部分もあります。
どちらにしても、その視点が非常に面白いことには変わりないですが。

グラッドウェル氏の本を読むと実は結構アタマが疲れます。

話がどんどん移り変わるので、たまに私のアタマがついていけなくなるのですね。

さてこの内容をどうやってまとめてブログに書こうか、と思いつつ、巻末の訳者の勝間さんの解説を読んだら、ものすごーくわかりやすくまとめられていました。理想的です。”グラッドウェルの「正しい」読み方”の部分なんて、そのとおり~!と思いましたよ。

この解説を読めば、この本が読みたくなること請け合いです(笑)

と、これだけで済ますのも手抜きなので、特に面白かった部分を(自分の言葉に置き換えて)羅列すると

”天才になるには1万時間の時間が必要”

”成功する人の出身地や出生年月日には共通点がある”

”IQが195あっても必ず成功するというわけではない(アインシュタインはIQ150)”

”水田は勤勉という文化を育む”

”数学の成績が欧米よりアジアのほうが良い理由は数字の読み方にある”

つまりは才能を”天才=成功”に導くには、どうしても「環境の後押し」が欠かせない、ということが書かれているのです。

この本が読める環境にいる私は、ラッキーですね。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

【プルーフ版】「天才!成功する人々の法則」マルコム・グラッドウェル、(勝間和代 訳)

プルーフ版を読みました。76ページの編集段階の宣伝用小冊子です。
発売は5月12日の予定。

マルコム・グラッドウェルさんの本は以前に「急に売れ始めるにはワケがある 」をご紹介したことがありますが、それがとても面白かったので、期待して読みました。

期待を裏切らなかったです。

全部で第9章まであるうちの第2章までが掲載されているのですが、続きが読みたくなりますねー。非常に面白かった。

内容は、”天才はどのように作られるのか”みたいな感じなのですが、あー、そういうものの見方があるのね、みたいな新鮮さがありました。

環境と1万時間が天才を作る!?という感じです。

続きが早く読みたいですねー。予約しちゃいます。

ちなみに訳は勝間和代さんですが、読みやすい訳だったと思いますよ。

勝間さんとグラッドウェル氏の対談がニューヨークで5月1日にあるそうです。

こちらもチェックしなくては、ですね。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く」勝間和代

勝間和代さんの今のところの最新刊です。と思ったら本日また新しい本↓が出版されたようです。

勝間和代のお金の学校―サブプライムに負けない金融リテラシー

ものすごいペースで書いてますね。読むほうが追いつかないってどういうことでしょう(笑)。

絶対に本を作るほうが時間がかかるのにね。

本の内容ですが、リスク管理に関する本です。日本では悪者の”リスク”というものを、実はリスクを管理しないことこそが最大のリスク、と解説されています。

勝間さんの言うリスクとは、終身雇用制度、住宅ローン、車のローン、お役所頼み、酒、タバコ、食品、などなど。。。

日本の構造的な問題から、身近な生活に関するリスクまでさまざまですが、タイトルどおり、主に終身雇用制度に関することについて詳しく書かれています。

私は終身雇用制度にどっぷりつかっていて、転職なんて考えたことないんですけど、そういう流動的な雇用形態が認められるようになれば、ずいぶん働きやすい社会になるだろうなーと思います。
実際、今のような雇用状況だとやめたくてもやめられないし。。。(←この辺、典型的な日本人の考え方かと。)

それは制度の問題でも、個人の資質の問題でもありますが。

で、終身雇用が日本の今後にとって良くないことなのはよーくわかったんですが、じゃあそんな社会をどうすれば変えられるのか、というといろいろまた提案されていますが、なかなかこれは代替わりしないと無理な気がします。

職場でもものの考え方のジェネレーションギャップというものをものすごく感じますし、もちろんテレビのニュースの政治家はおじさん・おじいさんばっかり。

今の40代後半から上あたりは、まだまだ考え方が古いっ、て感じます。(そうすると、あと15年くらいは変わらない!?)

勝間さんが首相になったら変わるんじゃないでしょうか~。

やっぱり政治家に向いてると思う。

こんなに将来の日本のことを考えてくれていて、頭がよくて説得力のある人は政治家でもめったにいないですよ。

(本書の活性化&ブログにかかった時間は75分です。この半分くらいにしたい。)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

今頃気づいた二人の対談

私の大好きな作家さん、というよりほぼメンターなお二人は、ひすいこたろうさんと勝間和代さんなのですが、このお二人が2月に対談していたことに今日気づきました。

勝間さんのネットラジオ番組Book Lovers(本を紹介する番組)のゲストにひすいさんが出ていたんですね。ポッドキャストで聞けます。

勝間和代のBook Lovers 2009.2.25 vol.106

Book Loversはipodに落として電車に乗るときに聞いているんですが、普段自転車通勤の私はあまり電車に乗らないんですねー。
今日は仕事の都合で電車に乗り、そのときに落としておいたものを聞いていて、いきなりひすいさんの名前が勝間さんから出たので目が飛び出るくらいびっくりしました。(おおげさか)

内容は、名言セラピーについて、です。

お二人が大好きな私は、なんだかとっても嬉しいです。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「猪口さん、なぜ少子化が問題なのですか?」猪口邦子&勝間和代

約2年前、2007年4月に出た本です。お二人の写真が載ってますが、現在の勝間さんと比べ、最近の勝間さんがものすごーくキレイになったのがよくわかります。何より痩せました!すごい!自転車効果?

この本は勝間さんの本の中で、最も売れていないという本ですcoldsweats01。ちなみに私も図書館で借りました。

猪口さんは、私の中では小泉チルドレンの一人で青いドレスの女性(入閣のとき)、というイメージしかなかったのですが、これを読んでとても聡明な女性だなーと思いました。

勝間さんも猪口さんもご自身がワーキングマザーで、子育てと仕事の両立をされてきましたから、そのメリットやデメリットをよくご存知です。その上で、子供を生むとメリットのほうが勝るし、今後の日本社会の発展のためにはもっと子供を生んでもらわないと困る、ということを訴えています。

ここで日本の人口が少なくなったら移民を受けいれればいいんじゃないの、という意見もあるかと思いますが、そうすると日本の文化が継承されなくなり、いずれ失われます。ただでさえ、食文化などは欧米化されていて危機なのに。。。日本のわびさび文化はなくすには惜しい素晴らしい文化だと思います。そのためにも日本人は急激には減らさないようにしないと~。

ワーキングマザーについてですが、私の職場は割りと女性への待遇は良くて周りにも育児休暇をとっている人は沢山います。ただ、やはり1年2年休み、戻ってきても短時間勤務、などなど周囲への影響は大きく、残った人の負担になるのは確かです。でもそれは母であるワーキングマザーの方々のせいではありません。
そのあたりの人員配置というのはもっと職場で考えて、流動的にしてもらいたいなぁと思ったりします。

あとやっぱり不妊ですね。これも治療している人が周りに結構います。治療費に補助が出るようになったようで、良いことと思います。不妊は金銭的だけでなく精神的な負担もかなりあるようですから、少しでも負担が軽くなればよいなと思います。出生率も上がるんでは?

勝間さんはこのこと、というかワーキングマザー、子育てのことを世間に訴えたくて独立を決心されたと書いてありました。

猪口さんも、”そのために、学問の楽園から、政治の原野に、わたくしは出てきたのですから。”とご決心の様子。

最近猪口さんは影が薄いですが、子育てに興味の無いオジサン政治家に負けずに、もっと存在感を示してもらいたいです。(私が知らないだけ?でも一般人が知らないというのは、政治家にとっては痛いような。)

変わりに勝間さんが台頭してきていますが、やはり民間人ではなかなか政治は動かせないような気がするので、本気でやるなら猪口さんのように政治家になっていただきたいなーなんて思ったりします。(でも勝間さんなら民間人のまま大臣になったりして!?)

仕事と子育ての両立に悩む方は読んでみてはどうでしょうか。子育て支援の新しい施策(といってもH19年度のものですが)が盛り込まれているので、参考になるかも?

(本書の活性化&ブログにかかった時間は60分です。)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「断る力」勝間和代

さて、アマゾンから早速届きました。

断る力、ということですが私自身は仕事に関してはそんなになんでもかんでも引き受けるほうじゃないので、割と無理せずマイペースにやっているほうです。それと、頼みづらい雰囲気を出しているせいもあるかと(笑)
でももしかしたら、上司が変わると崩れるかもしれません。高圧的な人(特に女性)に弱いので、受けちゃうかもなー。もしくは逆らって島流しかな(笑)

また、友人の誘いとかは結構断れないほうです。無理しても誘いにのってしまったり。。。
いい人に思われたいのかしらcoldsweats01

そんなこんなでうまい断り方はどんなんでしょうかね?、とやっぱり目的を決めて読むのです。

で、読んだ感想は、

やっぱおもしろいわー

です。

私の目的についてはあまり具体的な例は示されてはいませんでしたが、”断ること”に対して自信がついた様な気がします。

章は4章だてになっています。

第1章は”「断る力」の効力について”半分くらいページが費やされています。
とにかく嫌われるのを恐れずに断れ!ということです。
何回も出てきた言葉が、

「私たちは自分の扱い方を人に教えている」

という言葉です。自分の態度=相手に扱ってもらいたい態度、なんですねー。これわかるなぁ。変に下手に出られたり、媚びられたりするとあー、そういう態度なのね。じゃあ、そう扱うよ。みたいな感じになりますよねー。うーん、気をつけよう。

第2章では、”自分のゆるぎない軸をもつことについて”
勝間さんはご自分の批判をしている2ちゃんねるまでチェックされ、相手の分析までしています。それも自分の自己評価のためです。これはなかなかできることじゃないと思いますよ~。自分への批判を見て落ち込まずに分析してしまうとは、すごいメンタル体力ですね!
ちなみに対処法は「ほうっておく」だそうです。(笑)

第3章は、”自分のもつ影響力について”(ちょっと表現違います)いったん断ることで、よりよい方向より高いレベルへと影響する(場合もある)。みたいな感じでしょうか。

第4章は”断る力で周囲との好循環をつくる”チームワークについてですね。断ることでチームのなかの得意・不得意を選択し、補い合う好循環が生まれる、ということです。

とにかく、断れない=流される=考えることを放棄=脳みそは楽でも仕事は忙しい

ということに気づきました。

人の意見に流されやすい人は、自分の意見をもつことから始めることが必要なのですね。

流されそうになったら、読み返そう。

ちなみに、本の中で出てきたシゾフレ・メランコテストをやってみたところ、結果(勝間さんはメランコ度:76%シゾフレ度: 2%) は、

メランコ62%、シゾフレ12%で、診断コメントは下記のとおり

”どちらかというとしっかりとした自分を持っている人です。
まわりの意見を聞きながら、自分の意見を崩さないで、よりよい自分にしていくためには、有利なスタンスにあると言えます。他人の意見に流されず、多少にしっかりしたところがありますが、まだまだ自分へのこだわりも強く、ちょっとしたところでトラブルが起きるかもしれないので要注意。”

だそうです~。catface

(本書の活性化&ブログにかかった時間は60分chickです。)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法」勝間和代

え~と、この本はだいぶ前、ブログ始める前に買って読んではいたんですが書評してませんでしたね。

今更観がありますが最近また時間が足りないなぁと思う場面があるので、フォトリーディングで再読しました。

やっぱり勝間さんだなーと思いました。

まずは時間の概念。
時間は誰にも平等に24時間あるが、使い方は人によって違うので差がついていしまう。
貴重な時間を生み出すために、時間投資をする、という一歩ひいてみるとなんだかすごい理論ですね~。

で、時間を生み出すためにやる勝間流黄金の5原則は

1.あらゆるものに投資する
2.単位時間あたりの成果に固執する
3.必要以上にいい人にならない
4.自分のやりたいこと、得意なこと、もうかることを優先する
5.スケジュールはゆったりわがままに

だそうです。

1の投資はおなじみ、自転車・パソコン・スポーツジムなどですね~。女性限定でまつ毛パーマやレーザー脱毛なんてのもあります。

2の単位時間・・・については、自分の時給を意識して、時給に見合う成果が出ているかを意識する、ということです。私の時給は。。。どうでしょうかね。

3.いい人にならない、というのは私は大丈夫です(笑) 知り合いになんでも引き受けてしまう人がいるんですが、ほんともったいないな~と思います。今度勝間さんの新刊「断る力」をプレゼントしようかな。まだ私も読んでないけど(笑)

4.得意なことを優先する、は言うまでもないですが、さて私の得意なものってなんだろう?でも得意じゃないことを見ればおのずと浮き上がるかな。

5.スケジュールはゆったりわがままに、、、う~ん。でも忙しいなりにゆったりかも。(矛盾してるか)

私はタバコも吸わないし、テレビもこの本のおかげでほとんど見ないし、お酒もそんなに頻繁には飲みません。あと削るところは料理の時間とネットの時間ですねー。あっ、睡眠もとりすぎかも。。。(笑)

(本書の活性化&ブログにかかった時間は60分chickです。)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ