2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

脳の本

「単純な脳、複雑な私」池谷裕二

単純な脳、複雑な「私」

池谷裕二さんの最新刊です。

母校の高校生に向けた脳科学の講義を本にしたものです。

なので、とってもわかりやすいです。本と連動した特設サイトもあり、講義で使われた動画なども掲載されていて、より本の内容がわかりやすくなっています。

脳のしくみをわかりやすく、かつ面白く伝えてくれていて、読んでいてほんとに楽しかった。

今回一番印象に残った部分は、脳が脳のことを考える、リカージョンという考え方のこと、です。

脳が脳のことを考える、ということを”リカージョン(入れ子構造)”と言うそうです。入れ子って人形のマトリョーショカのようなもの。人形の中にまた人形が。。。ってやつです。

これは、他の動物にはない∞(無限)を考えられる能力だそうです。

合わせ鏡はいつまでつづくのか、とか数はいつまで数えられるのか、とか、自分って何?って考えてる自分って何?・・・って考えてる自分って何?・・・・∞に考えられます。

能力、と書きましたがなぜ能力なのか。

子供のころってこういうことに気づけないそうです。

無限に気づくことができると、有限があることに気づけます。資源や命など。

それが大人への第一歩(笑)。

リカージョンは必ず矛盾する、とかのあたり、文章力不足でわかりやすく書けないので説明しませんけど、思考の楽しさみたいなものを存分に感じられました。

高校生のときに、こういう講義を受けたかったなぁ!

私はナンチャッテ理系なのですが、学生のころは生物が一番好きでした。

自分がどうやって動いているのか。

そのしくみはどうなっているのか。

これをちょっとだけ知ることができて、生物は面白かった。(詳細あんまり覚えてないけど。)

酵素とか、アデノシン三リン酸とか、クエン酸回路とかのあたりが特に好きでした。

遺伝子は、そんなでもなかったのですが。

私のころは、脳の話はあまり教科書に出ていなかったんです。海馬とかね。(ニューロン、シナプスはあったけど)

今はどうなんでしょう?

今は脳の本がたくさん出ていて、池谷さんも言ってますが、医学薬学だけでなく、哲学や心理学、社会学全部に及んでいて、すごく発展しています。

今後も脳科学に大注目です!

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「最新脳科学で読み解く脳のしくみ」サンドラ・アーモット、サム・ワン

最新脳科学で読み解く 脳のしくみ

はい、脳の本です。割と専門的。

すっごく長くて、とばしフォトリーしてるのに、読むのに時間がかかりました。。。

本文+いくつかのコラムでできているんですけど、このコラムのほうが面白かったです。

でも本文の途中でコラムが何本もあるから、読みづらいっ。(結構コラムのくせに長くて、長いのだと見開き2ページとか)

本文は文体は軽い感じですが、ちょっと難しいのでほとんど飛ばしました。

でも、最新情報ばかりなので、脳好きにはよい本だと思います(笑)

主旨は、間違った情報ばかりが先行している脳について、正しい知識を伝えたい

らしいです。

最初にクイズがあるんですけど、これが割と面白いです。

たとえば、

質問・私たちは脳をどのくらい使っている?

a)10%
b)眠っているときは5%、おきているときは20%
c)100%
d)知能によって違う。

さて、答えは。。。

たいていの人がaと答えそうな問題ですが、正解はcの100%です。

答えは本文の中!

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「海馬 脳は疲れない」糸井重里、池谷裕二

この本のことはちょこちょこ出てきていますが、紹介したことがなかったので再読ついでに紹介します。

最近は脳科学が本当に流行っていて、私は流行に乗るほうなので、脳の本も沢山買いました。

でも私が脳のことに興味を持ったのはこの本が原点です。初めて読んだのは何年前かは忘れましたが。。。(出版は2002年です。)

糸井さんと脳のスペシャリストである薬学博士の池谷さんの対談形式なんですが、糸井さんの質問が面白いです。(それがうざい、と感じる人もいるかもしれませんが。。。)

難しい脳の話をわかりやすく誘導してくれていて、素人でもついていけます。脳の話はほんとうに面白いです。

再読でしたが、やはりいろいろ忘れていたのと、成功本を読みまくっているという自分の変化もあり、また違った見方が出来て新鮮に読めました!

《印象に残った言葉》

・ストッパーをはずすと成長できる

・刺激を増せば、人はいつだっておもしろくもなれるし、いつだってつまらない人になる危険性だってある

・変わることってだいたいは「いいこと」なんですね

・「これが、他人の悩みだったら・・・」が、悩みを解決するコツ

・やる前にやる気がないのは当然

・いいことを言うと、そのとおりになる 悪いことを言っても、そのとおりになる
 いい意味でも悪い意味でも言葉って呪いみたいなものです

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「ゆらぐ脳」池谷裕二、木村俊介

「海馬―脳は疲れない」 でおなじみ、東京大学薬学部の准教授で薬学博士で脳研究者の池谷裕二さんの本。

タイトルからして脳の本っぽいですが、メインは池谷さんの脳研究における半自叙伝的な?内容です。

池谷さんに対するインタビューの一問一答形式です。「海馬~」のときは脳のしくみや働きに関する質問が主でしたが、今回は研究の裏話的な質問が多くあります。

研究者の裏話的な話なので、脳の話を期待しているとちょっと裏切られた感があるかもしれません。もちろん、研究対象が脳なので常に出てきますけど。(ミニ質問という形で、脳の働きの話も少し出てきます。)

でもやはり、この本の主役はあくまでも池谷さんで脳ではありません。

本人もあとがきで書いてますが、こんなボヤき満載の本を出してよいものか、と悩んだそうですよ。

ちょっとめずらしいな、と思ったのは池谷さんは研究者なのに仮説を立てずに研究をしているそうです。

研究者はまず仮説を立てることから始まる、と聞いていたのでへぇーと思いました。
(もちろん、通常の仮説を立てる研究の訓練はきちんとしているみたいですけど)

思い込みを排除して、無駄だと思われることから、発見をする。

まさに発見力ですね。見えてるのに気づかないものも多々ありますからね。

でもやっぱり研究者の苦悩や裏話もまぁいいんですけど、脳のしくみの話のほうが面白いです。

一部ご紹介すると、このブログでは何度も出てきてしつこいんですけど

「行動が感情を支配する」

という実験の部分です。感情が行動に表れる、の逆です。実証されてます。

笑う門には福来る、ですね。笑うから、楽しくなるんですよ。笑いながら何かやると、そのことが好きになるんです。

あとは、

「男女の脳梁の太さにはほとんど違いがない」

という部分。(※脳梁とは左右の脳をつないでいる部分です)
え~、女性のほうが脳梁が太いって聞いてたけど。。。!だから女性は男性より勘が鋭いんじゃないの?おしゃべりなんじゃないの?

説得力のある説だっただけに、意外でした。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「アインシュタイン・ファクター」ウィン・ウェンガー、リチャード・ポー

もともとは「頭脳の果て-アインシュタイン ファクター-」という本だったのですが、名前を変えて最近復刊したようです。

脳科学による”天才の作り方”の本でしょうか。

今からでも遅くない?色々な脳活性の方法が紹介されています。

軸となるのは”イメージ・ストリーミング”という方法。リラックスした状態でイメージしたことを大きな声で説明する、というものなんですけどね。

これは中々、今の私の住居環境では難しいかと。。。結構、壁薄くて。(笑)

叫びの壷でも買わないとかな。

でもこれをやるとですね、右脳が活性化され、左脳の抑制がとれ、脳の連携が強化されて飛躍的に使えるようになるらしいです。

信じるか信じないか。やるか、やらないか。それが分かれ道かも。

ちなみに神田昌典さんと勝間和代さんはこの本、10年後あなたの本棚に残るビジネス書100 で推奨されています。

フォトリーディングも有効な方法だと紹介されています。

あとは、フリー・ノーティング、モデル思考法、インプロビティピング、などなど。沢山の方法が色々なエピソードを交えて楽しく紹介されています。ドクター中松のことを絶賛されています。公文式の勉強法なんかも出てきたり。
モデル思考法もよさそうです。自分がなりたい人の姿をかりて、やりたいことをしているイメージをする、というおなじみの成功法則です。

とっても気になったところは。

天才は日記をつけている!自分の考えを書いて書いて書きまくっている!

という部分。これこそ、つまり右脳イメージを左脳言語に置き換える、ということなのでしょうか。

確かにブログを書いていると、中々自分の考えていることや、感じたことをそのまま文章にするって結構難しいと感じるんですよ。私は日記をつける習慣がないし。
あらゆる成功者って日記つけてるんですよねー。ということを聞いて、日記をつけていた時期もありましたが、、、、。(ーー;)

ブログは脳活性にもいい訓練なのかもしれませんね?!

継続は力なり!細々と続けて行くぞー

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「買物する脳」マーティン・リンストローム

今話題の脳科学と、マーケティングの本です。

脳科学+マーケティング=ニューロマーケティングってことみたいですが、結構な人の数をfMRIという機械にかけて、脳スキャンをし、マーケティングの検証をしたそうです。

ある広告を見せて、脳スキャンで脳のどの部分が反応するか調べて実際にその人に聞いた広告の印象と脳の反応があっているかどうか調べる。
結果は結構違っていたりします。

ある意味、怖いですね。脳スキャンって・・・!

自覚していない感情が、他人にわかってしまうわけですよね。

その無意識の領域を解明し、ニューロマーケティングとして利用して効率の良い広告を作ろう、と著者は言っているわけですが、悪用を気にする人たちも当然います。サブリミナル広告が禁止されたように。

今後、ますます脳科学は発展するみたいですから、漫画の「秘密―トップ・シークレット 」(清水玲子) みたいな世界もいずれありえそうですね。
(死んだ人の脳をスキャンして死ぬ直前の映像を画面に映し出す技術がある未来のお話です。)

この本は、でも論文っぽくはないですね。結果の表とかグラフとかないですし。ちょっとあったほうがよかったかなぁ。

そのほか、いろんな角度からどんな広告が脳(購買意欲)に影響を与えているか、いろいろと検証されています。

中々、興味深いですが、今までの広告戦略がおおむね間違っているということはわかったのですが、これをどうやって活用するかの部分が弱いと感じました。

まだ発展途上。これからの分野ですね。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「あなたもいままでの10倍速く本が読める」ポールR・シーリィ

フォトリーディング継続のモチベーションが下がってきている気がするので、マニュアル本を再読しました。

なぜか普通に読みたくなっちゃうんですよね~。長年の習慣を変えるのってホントに難しいんですね。

で、内容確認。

フォトリーディングは潜在意識を使って本を読む読書法です。
手順は5つあります

①準備
②プレビュー(予習)
③フォトリーディング
④アクティベーション(活性化)
⑤高速リーディング

※③と④の間には休憩を入れる

この中で一番面倒なのは講座の感想記事にも書きましたが、④のアクティベーション=活性化です。
今まで何冊かやってみてもやっぱりそうでした。特にマインドマップがネックだな~。
マインドマップは普段のメモや考えていることをまとめるのにはすごいいいと思うんですが、私にとって、本を読みながら、マインドマップ描くために読書を中断されるのがちょっと嫌みたいなんですよね。

何回かマインドマップを描いたのですが、読み始めの最初しか描けなくてだんだん尻すぼみになるという・・・。

でもブログ記事を書く上ではマインドマップが描いてあったほうがやっぱり役に立つし、後から見ても本の内容が思い出せるので、なんとか継続したいと思います。本がマインドマップに合わなかっただけかもしれないしね。

話がそれましたが、

①の準備で大切なのは、本を読む目的を決めることと、ミカン集中法です。ミカン集中法とは頭のナナメ上のほうにミカンを置くイメージをする、というなんともつかみどころのない集中法なんですが、これは結構本を読むとき最初にやってみるといい感じです。最初に置いたらあとは忘れていいそうです。
昔から、頭を良くするには後頭部のほうに意識を向ける、というのは知られていることのようです。ちなみに外国の本なのに、オレンジでなく本当にミカンらしいです。

②のプレビューとは、本の構成をざっと読み流す、というものです。読み込んではいけません。

③のフォトリーディングは、目を3D立体視の状態(フォトフォーカス)にして本をぱらぱらめくる、というものです。これで潜在意識に本の中身を写し取るということです。ここで宮本武蔵の話が出てきたのでびっくりしました。見る、ではなく観る、だそうです。

④のアクティベーションは上述のとおりマインドマップと、本に対して質問を作る”ポストビュー”、それと”拾い読み”です。拾い読みの手法は2種類あり”スーパーリーディング&ディッピング”と、”スキタリング”という手法が紹介されています。私は前者を良く使います。

⑤の高速リーディングというのは、普段読むスピードよりも早く、全文読み通すというもので、そんなにノウハウ必要ではありません。(笑)指を使って文字をなぞると早く読めるそうです。

①~④までは必須で、⑤の高速リーディングは必要に応じて、自分の気分次第ということでした。

そのほか、本では成功事例が数多く紹介されています。どれも”ほんとかいな”と思うようなことばかりですが、日本でも成功事例、たくさんあるようなので信じることにします。
もちろん、自分で講座を受けて信じるに足る手法だと思った、ということも大きいです。
(もともと潜在意識の力を信じているし。)

今回の本は③フォトリと④活性化は済んでいたので、再度スーパーリーディン&高速リーディングまじりで再読しました。かなり早く読めたうえ(20分)頭にすとーんと入ってきました。

とにかく使って使って使いまくり、継続することが成功の秘訣、ということが本にも書いてますので、これからも頑張ります。

読み返してよかった。

(今回の高速リーディング&ブログにかかった時間は40分です。)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「脳にいいことだけをやりなさい!」マーシー・シャイモフ

著者はザ・シークレット の賢人の一人です。

茂木健一郎さん訳の本書は、脳科学の本かと思いきや、引寄せの法則系自己啓発本です。

ちょびっと脳科学+ポジティブ=引寄せの法則 みたいな感じでしょうか。

ビジョンボードといういわゆる日本で言えば宝地図 の話も出ていました。夢をかなえるには、その夢の映像化が大事のようです。(宝地図の望月俊隆さんは、フォトリーディングのインストラクターでもありますねnote

私はこの手の本をた~くさん読んでいるので、目新しい情報は特になかったのですが、いろいろな体験談が結構ためになりました。

特に、息子を殺された母親が、犯人を許すというエピソードは『すごい!』と思わざるをえないですね。
『許す』ということの大切さを物語るエピソードです。もちろん、”自分のために”許すのです。

また、ウィルボウエンさんの『もう不満を言わない』のことも載っていました。

そういや余談ですが、あれも”21日間不満を言わないと達成”ですよね。

習慣化には21日!フォトリーディングも不満言わないプランも21日が勝負!

ちなみに”もう不満を言わないプラン”のアウトプットお休みしてますが、まだ達成できていません。。。ちーさい要望がつい口からこぼれます。でも、レジ待ちで隣の列が早く進んでもイライラしません!レジの人にがんばれって心の中で応援してます。不機嫌な人や失礼な人に出会ってもイライラしません!かわいそうと同情してます。
私もずいぶんと成長したものです。(笑)

で、本の結論は、”ポジティブだといいことが起きる” というよくある自己啓発書な感じという印象を受けました。

茂木さんが”この本はコペルニクス的回転になるかも”なんて、あそこまで勧める理由はよくわからなかったなー。

私にとって、衝撃度は『ザ・シークレット 』のほうが大きかったです。(書評してませんが)

でも茂木さんが勧める事でベストセラーになっているのだと思うし、ポジティブを広めるという意味では、良いことですね。

(本書の活性化&高速リーディング&ブログにかかった時間は60分です。)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「脳を活かす仕事術」茂木健一郎

脳科学者茂木健一郎さんの勉強法に続き、仕事法に関する本です。

茂木さんはNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で司会者として人気が出たんでしょうか。あと「世界で一番受けたい授業」とかも?

私はテレビ出演時を見たことないので、なんでこの方は人気があるんだろう?とちょっと不思議だったんですねー。

でも、本を読むとこの方がとてもすばらしい人だっていうのがわかります。
社会のために尽くしたいというような気迫を感じます。

仕事術という効率化とかの小ネタを紹介しているというよりは、どちらかというとメンタル面に重きを置いてる感じです。あとインプット過多の現代におけるアウトプットの重要性についてですね。もちろん、脳科学的に説明してくれます。

印象に残ったのは、

・脳を小さな情報の整理や暗記に使うよりもよりより情報を集めたり、集めた情報をもとに創造性を働かせることに集中させたほうが効率的

・仕事をやると決めたら一秒後には仕事に集中する

・仕事中に笑うということは、職場が明るくなるといった効果のほかに、物事を客観的に見られるようになるというメリットがある。

・ネガティブな感情に名前をつけて、無意識を意識化する。

・真のプロフェッショナルは、その専門性を追求し続ける一方で、総合的な人間力も兼ね備えていた。

・「仕事ができる」というのは、総合的な人間力のたまものです。

などなど。
そして、やっぱり英語!英語!英語!
茂木さんは今後、英語で本を出したいそうです。
ぜひ、出してもらって世界でも活躍してもらいたいですね!

参考:ブログ内記事「脳を活かす勉強法」

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「脳を活かす勉強法」茂木健一郎

天才脳科学者が教えてくれる勉強法の本です。

脳の特性はとにかく負荷をかけるとドーパミンが出て、勉強が面白くなり、伸びる。
というような、いわゆるガリ勉がいいのだ、という本です。
ガリ勉という言葉にするとなんかイメージ良くないですが、科学的に説明されると、そんな楽しいならやってみようかなーなんて思わせる本です。

本でも繰り返し書かれていますが、勉強はスポーツと同じです。
スポーツで成果を出せる人は、大変な練習に喜びを見出し、苦しみに耐えられる人です。
勉強も同じです。苦しみに耐えられる人が、脳を活かすことができ、頭が良くなる。
でもそれをネガティブにとらえるのではなく、とにかくそれが楽しくて面白い、という体験談から来ているので、なんか納得させられるというか。

割とスタンダードなことですが、これできないとダメ!ていう感じではなく、これやると脳にこんなにいいことがあるよーみたいな感じなので、説得力があります。
良い本です。実行すれば、さらに。
売れてる理由がわかりました。

「脳を活かす仕事法」も読んでみようかな。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ