2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

フォトリーディング

フォトリーディング無料DVD

今頃気づいたんですけど、フォトリーディングの無料DVDというのが、「あなたもいままでの10倍速く本が読める 」を買うともらえます。

エントリーはこちら

講座を受けているので今更観もありますが、申し込んでみて今日届いたので観ました。

神田昌典さんが、フォトリーディングについて熱く語っています。10分弱のDVDです。

なぜ神田さんが日本でフォトリーディングを広めようと思ったか。。。よくわかりました。

受講者体験談の小冊子もついています。

この小冊子の巻末に講師一覧が載っているのですが、勝間和代さん、講師なんですねー。

不定期みたいですが。

勝間さんが講師。。。参加したいなぁー。

神田さんと勝間さんがフォトリーディングについて語っている動画もフォトリーディングのホームページで見られます。(下記でも見られます。)

http://www.youtube.com/watch?v=WMHM1e-3KWg

これでモチベーション維持!(笑)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「3D写真で目がどんどん良くなる本」栗田昌裕

本日は小休止、フォトフォーカスの訓練のために本書を買いました。(古本で)

フォトフォーカスは、フォトリーディングのキモで、3D立体視の状態の目で本のページをめくっていき潜在意識に内容を落とし込んでいきます。

この本は文庫なのですが、写真が2枚並んでいて目の焦点をずらすと写真が立体的に見える、という本です。
解説も載っています。
よく読むと著者は栗田式速読法という速読法の開発者でした。栗田式速読はこの立体視を使う、というようなことが書いてあり、びっくり。フォトリーディングと同じですね~。どっちが先かな?(笑)
また、立体視は視力回復だけでなく、脳に良い、とも書いてありました。

目の焦点のずらし方にはクロス法とパラレル法というものがあり、クロス法は目の焦点を対象物より手前で合わせる方法で、パラレル法は両目を平行に見て焦点を対象物に合わさない、もしくは対象物の向こう側に焦点を合わせる、という感じですね。ちなみにクロス法とパラレル法では立体の見え方が異なります。(立体の凹凸が逆になります。)結構感動します。
フォトリーディングのマニュアル本にも出てきた指と指をあわせて間にソーセージが見えるようにする、というヤツも載っていました。

この本では両方の方法どちらかで見ると立体的に見える、という写真が多数載っています。
ただ写真が2枚並んでいるだけなのに、見方を変えるだけで本当に立体的に見えるから不思議です。目で見ているのではなく、脳で見ているのです。脳トレですね。

フォトリーディングで習った方法はパラレル法なので、私は最初クロス法ができませんでした。でもだんだんと見ていくうちに、クロス法もできるようになりました。寄り目で見ればよいのです。
(クロス法だと目の焦点を切り替えるとき、一瞬ですが視界が暗くなるんですよねー。これはなぜだろう。)

で、これを今日仕事の昼休みにずっと見ていて、そのあと午後車を運転したのですが、すごく視界が広くなったように感じたんですよね~。これにもちょっと感動しました。

結構いいかもしれない。

ほかの3D立体視の本も買ってきて、毎日訓練しようかな~。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

フォトリーディングをやるようになって気づいた読書のクセ

フォトリーディングをやるようになってから気づいたのですが、私はビジネス書を読むとき、小説を読むように読んでいたんですねー。

つまり、内容を先にほとんどチェックせずに読んでいたんです。

それではだめなのだ、という読書マニュアルを何冊か読んでいたにもかかわらず、わかっていなかったんですね。できませんでした。でもなぜできないのかがわかりませんでした。

小説で内容を先にチェックするなんてことしたら、ネタばらしになってつまらない。特にミステリーなんてご法度です。

ビジネス書でもその”ネタばらし”を最初にしたくなかったんだなー、とやっと腑に落ちました。(料理やダイエットなどの実用書ではそんな読み方は当然してなかったんですが。)

フォトリーディングをやるようになってから、ビジネス書ってネタばらしもなにも、もともとそういう意図でかかれてませんから、見出しを最後までチェックするなんて当たり前、そして自分にとって必要な部分だけ、読めばいい。

そんな当たり前のことに気づいた次第です。(でもビジネス小説は小説のように読むんだろうな。。。)

さて、今日は何を読もうかな。

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

「あなたもいままでの10倍速く本が読める」ポールR・シーリィ

フォトリーディング継続のモチベーションが下がってきている気がするので、マニュアル本を再読しました。

なぜか普通に読みたくなっちゃうんですよね~。長年の習慣を変えるのってホントに難しいんですね。

で、内容確認。

フォトリーディングは潜在意識を使って本を読む読書法です。
手順は5つあります

①準備
②プレビュー(予習)
③フォトリーディング
④アクティベーション(活性化)
⑤高速リーディング

※③と④の間には休憩を入れる

この中で一番面倒なのは講座の感想記事にも書きましたが、④のアクティベーション=活性化です。
今まで何冊かやってみてもやっぱりそうでした。特にマインドマップがネックだな~。
マインドマップは普段のメモや考えていることをまとめるのにはすごいいいと思うんですが、私にとって、本を読みながら、マインドマップ描くために読書を中断されるのがちょっと嫌みたいなんですよね。

何回かマインドマップを描いたのですが、読み始めの最初しか描けなくてだんだん尻すぼみになるという・・・。

でもブログ記事を書く上ではマインドマップが描いてあったほうがやっぱり役に立つし、後から見ても本の内容が思い出せるので、なんとか継続したいと思います。本がマインドマップに合わなかっただけかもしれないしね。

話がそれましたが、

①の準備で大切なのは、本を読む目的を決めることと、ミカン集中法です。ミカン集中法とは頭のナナメ上のほうにミカンを置くイメージをする、というなんともつかみどころのない集中法なんですが、これは結構本を読むとき最初にやってみるといい感じです。最初に置いたらあとは忘れていいそうです。
昔から、頭を良くするには後頭部のほうに意識を向ける、というのは知られていることのようです。ちなみに外国の本なのに、オレンジでなく本当にミカンらしいです。

②のプレビューとは、本の構成をざっと読み流す、というものです。読み込んではいけません。

③のフォトリーディングは、目を3D立体視の状態(フォトフォーカス)にして本をぱらぱらめくる、というものです。これで潜在意識に本の中身を写し取るということです。ここで宮本武蔵の話が出てきたのでびっくりしました。見る、ではなく観る、だそうです。

④のアクティベーションは上述のとおりマインドマップと、本に対して質問を作る”ポストビュー”、それと”拾い読み”です。拾い読みの手法は2種類あり”スーパーリーディング&ディッピング”と、”スキタリング”という手法が紹介されています。私は前者を良く使います。

⑤の高速リーディングというのは、普段読むスピードよりも早く、全文読み通すというもので、そんなにノウハウ必要ではありません。(笑)指を使って文字をなぞると早く読めるそうです。

①~④までは必須で、⑤の高速リーディングは必要に応じて、自分の気分次第ということでした。

そのほか、本では成功事例が数多く紹介されています。どれも”ほんとかいな”と思うようなことばかりですが、日本でも成功事例、たくさんあるようなので信じることにします。
もちろん、自分で講座を受けて信じるに足る手法だと思った、ということも大きいです。
(もともと潜在意識の力を信じているし。)

今回の本は③フォトリと④活性化は済んでいたので、再度スーパーリーディン&高速リーディングまじりで再読しました。かなり早く読めたうえ(20分)頭にすとーんと入ってきました。

とにかく使って使って使いまくり、継続することが成功の秘訣、ということが本にも書いてますので、これからも頑張ります。

読み返してよかった。

(今回の高速リーディング&ブログにかかった時間は40分です。)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

フォトリーディング集中講座に行ってきました その2

さて、その1のつづきです。詳しく感想書きます。

まず私がフォトリーディング(略してフォトリと書きます)をやろうと思ったきっかけですが、もっと本を読みたいから速度を上げたい!というのが一番の理由でした。速読なら別に何でもいいかな?とも思ってましたが、私はカツマーなので(笑)勝間さんの推奨しているフォトリがいいかな~という感じで、フォトリについてあんまり詳しい知識もなく参加したのです。(口コミはチェックしましたが)でも参加してみて、潜在意識の話が出てきたのでちょっとびっくりしました。(潜在意識大好き人間なので(笑)まだまだ使いこなせてませんが。)
フォトリにしてよかったnote

フォトリの理論について詳しくは公式ホームページを見てくださいね。
ちなみにフォトリのマニュアル本「あなたもいままでの10倍速く本が読める は古本で買ったものの、読みづらくて最初の数ページしか読んでいませんでした。しかも全然覚えてない(汗)そんな感じで参加です。

さて、フォトリ講座で選んだ講師は山口佐貴子さん。

正解でした!

明るくて、優しくて、楽しくて、しかも美人!かんぺき~good

二日間、楽しかったです。ファンになっちゃいますよ!

集中講座は二日間行われるのですが、朝から夕方までびっちりです。
でも、佐貴子先生の話が面白くてぜんぜん飽きませんでしたよ~。ご自身やお子様、受講生の体験談なども中々すごくて、モチベーションあがります。

佐貴子先生のお話の中で、印象に残ったことをネタばれにならない程度にご紹介すると・・・。

・フォトリ講座は道場です。
・フォトリができるようになったからといってタカをくくらない
・読書は性格
・できるという実感を得たいなら実践(実験)あるのみ


などなど

講座は演習がたっぷりあります。フォトリの技術を全部教えてくれます。その技術を自分のものにできるかどうかは本人の訓練次第ですね、やっぱり。

フォトリの段取りは5つあります。

①準備
②予習
③フォトリーディング
④活性化
⑤高速リーディング

5つもあるの!?と私が独学でやっていたら絶対に嫌になります。でも今回のようにやらざるを得ない状況に身をおくと、さすがに身につけようと努力しますよね。(しかも高い受講料払ってるし。)
そういう意味で、独学で身につけられないけど身に着けたい、と思っている方はやっぱり講座を受けることをおススメします。

私が講座を受けていて、一番面倒だな~と思ったのは④の活性化です。これは受講者の方でもそう思っている人は多かったようです。

③の「フォトリーディング」というのは、目の焦点を合わせずに高速で本のページをめくって潜在意識に植えつけていくだけ、というある意味簡単なものなんですけど(目線やページめくりで苦労している方は多かったのですが慣れだと思います。)、④の「活性化」は質問やマインドマップなどを色々書くので(必須ではないですが、書いたほうが効果が高いそうです。)、ちょっとだけ面倒なんですね~。

”④は省略できませんか?”と佐貴子先生に質問した面倒くさがりな私。。。
佐貴子先生の答えは、「それでもいいけど、何のために本を読むの?」といわれて納得しました。④の活性化はやっぱり重要なんですね。(佐貴子先生は絶対に受講生の意見を否定しません。本当に素晴らしいと思います。)
今後フォトリをやっていくと、④を抜かしたくなる時がくると思いますが、そこをぐっと我慢して頑張りたいと思います。

講座を受けて役に立った技術は、”読書に目的をもつこと”と”本を読み飛ばすこと”ですね。今までこの二つとも、”やりたい、やらなければ、でもやっぱり全部読んじゃう~”と思ってやってこなかったので、これができるようになった(と思う)ので自分の読書がどう変わるか楽しみです。
(演習では、読み飛ばしているのに、本当に必要な部分しか目に飛び込んでこなかったので、すごいなーと実感しました)

最後にはフォトリ読書をこの講座で終わりにするのではなく、習慣にするには!ということまで教えてくれます。再受講は格安で受けられるし、アフターフォローもばっちりです。とても良心的な講座です。

受講者の方々も、やはり意識の高い方が多くて素晴らしかったです。

そして、フォトリは潜在意識と顕在意識の両方を使いこなせるようにするので、読書だけにとどまらず、日常生活全般に使えるということも教えてもらえました。
これを本当に全てにおいて使いこなせるようになったら、すごいことになるな~と思います。そうなるといいなnoteがんばれ、私の脳(笑)

とりあえず、習慣づけのために21日間フォトリーディングがんばります!

本日はこの本 をフォトリしました。(読書の習慣づけのため (笑))
これから活性化しま~す!(あ、その前に10倍本を活性化しなきゃだ!)

※本日のシンクロ
講座で佐貴子先生が使っていたぴよぴよタイマー(アマゾンで”山口佐貴子”と入れると本当に出てきます!) が近所の大型スーパーで売っていました。運命の出会いだ!(笑)もちろん即買いました。しかもアマゾンより安かった。ツイてます!

※※追記
佐貴子先生のブログで、当ブログをご紹介いただきました~。めっちゃ嬉しいですhappy02
ブログやってて良かった~。(ブログやっていない方はぜひ!)

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

フォトリーディング集中講座に行ってきました その1

とうとう行きました。フォトリーディング集中講座二日間!
(フォトリーディングは潜在意識を活用して読書する速読の一種です。詳しくはこちら

一言で感想を言うと・・・

行って良かった!

ですね~。

講座代はすごーく高いんですが(二日間で10.5万円sweat01)得られる効果を考えると行ってみて良かったと思いました。

ただし!

効果を得るためには自分で訓練して使わなくちゃ意味が無い!10万円捨てるようなものです。
これから元をとるため、フォトリーディングで本、その他を読むぞ~。

と、宣言してみる。。。

本日以降の読書はフォトリーディングで読むことにします。

その2へつづく

《最後まで読んでくれて、ありがとう》
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ